そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【住宅】田舎では「中古住宅の住み替え」が経済的にはベスト。

住まいをどうするか?

大きな問題ですよね。選択によっては(身の丈を超えた高額な家を建ててしまったとか)、一生を左右してしまう。

 

タイトルの、「田舎では『中古住宅の住み替え』が経済的にはベスト」ですが、これは検証したわけではありません。今のところ、そうしてみての実感です。

 

田舎の場合(都市部は住んだことがないのでわからない)ですが、手ごろな「中古住宅」を買い、人生のステージに合わせて住み替える。

 

これがベストだと思う、その理由は?

 ・都市部と比べて収入が低い割には、住宅建築費はそんなに変わらないような気がするから。田舎ですが、建築費は2000万~3000万はします。3世代用だとそれ以上かな。

 ・都市部に比べて、土地代が圧倒的に安い。坪2万とかふつうです。町中のいいところでも7万くらい。ここに、中古住宅が付いていると、うんとお得な買い物になります。

 ・人口減少が顕著。なので、空き家がどんどん供給される。つまり、買い手市場なので、有利。安く買える。この傾向はさらに強まるでしょう。

 ・賃貸生活は高い。家賃は収入に比べて高め。家賃は田舎だからといって、そんなに安くないです。10年以上家族で住む予定があれば、手ごろな物件を買った方がお得かも。

以上の理由から、中古住宅住み替えベスト論に到達しました。

どうでしょうか?

 

実際、わが家はそうしてみて、住宅費負担が本当に少ない生活が送れてます。

およそのリフォームも終えて今、住居費はほぼゼロ。

わたしが「勝手にセミリタイア」できたのも、それが大きいです。

 

ざっと、住宅に関する収支計算(居住年数15年)をしてみると、

 土地+建物で350万、リフォームに70万、毎年の固定資産税3万×15年で約50万、火災保険など約50万 以上、購入・維持費で520万。

これを居住年数で割ると、およそ年35万。

月額にすると・・・2,8万。3万弱で住んでいることになりますね。安い! 

小さな家を建てれば新築でもこれぐらいで済むのかなあ・・・。

先輩のご意見をうかがいたいです。

同額のアパートもありますけど、戸建の方が気兼ねなく暮らせます。

 

わが家のような田舎では、これまでは「土地が安い(またはタダ。親が土地を持ってる)」+「家賃が比較的高い」ことから、結婚後、新築で大きな家を建てるという流れになってました。

35年ローンを組み、返済する。今まではそれでよかった。

 

しかし、今は時代が変わりました。

会社はふつうに潰れるし、倒産しなくても減収になったりする。

人口が減少していくので、家が余り、資産価値の上昇も見込めない(立地によっては、タダでも買い手がつかない)。

 

こんな、人口減+デフレっぽい社会では、これまでとは違った住宅戦略をもつべきでしょう。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村