そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【食費】少しでも安く、ではなく、使い切る大切さ。腐らせるのはお金を捨てるのと同じだから。

少しでも食費を安くあげるために買い込んだモヤシや豆腐、今までいったいいくつ捨ててきたでしょうか。

f:id:nekoneko29:20160801143559j:plain

わたしは以前、しょっちゅうモヤシや豆腐を腐らせていました。

その時はしまったと思いながらも、「あー、またやっちゃったー」程度に思ってました。

 

だいたい、なんでそんなに捨てることになってしまったんでしょう。

答えは、モヤシや豆腐を買いすぎだったから。

 

なぜそんなに買っていたかというと、「安いから」。たくさん食べたいわけではなく、ただ、安いという理由で買い物のたびに買ってたんです。当然、毎回すべて食べ切れるわけはなく・・・

結局捨ててしまう分も多かったです。

節約に目覚める前の夫婦2人だったころ、3人家族の今より食費がかかっていたような。

 

「あー、腐っちゃった」って捨ててた食材って、もとはお金を出して買ったものです。それが当時はわからなかった。なんでもそうですけど、冷蔵庫に入ってる食べ物はお金を出して交換してきたもの。それを腐らせて捨ててたんです。

 

豆腐1つだって、100円出して買ってきたもの。それを腐らせるのは、直接目に見えないだけで、100円をどこかに放り投げるのと一緒ですね。

10円だってなくせば残念な気持ちになるのに、しょっちゅう腐らせていれば、ひと月で何百円にもなってしまう。他にも捨ててた食材があるから、もしかしたら何千円かもしれません。

それが、積もり積もって・・・年間では何万円になるかも?! 

 

1万円札、捨てられますか? わたしはもちろん、捨てられません。

それが、モノに形を変えたとたん、平気で捨ててたんです。

第一、食材がもったいないですよね。

 

腐らせるのはお金を捨てるのと同じ」だと気づいてから、買い物量を控え、使い切ることを心がけるようになりました。

冷蔵庫もすっきりしたし、いつも新鮮なものが食べられるようになって、よかったなーと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村