そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

生活レベルが違う人と付き合っていくのは大変。

夏祭りの時期ですね。

いつもは洋服で行っているうちの子が、ことしは「浴衣で行きたい」と言い出しました。

f:id:nekoneko29:20160812151651j:plain

友だちと同じかっこうがしたい

これまでそんなこと言わなかったのにな~と思ったら、一緒に行く仲のいい子が浴衣で行くらしい。ああ、それでか・・・。

そりゃ、自分も浴衣着たくなるわね。

そう思って、お店で浴衣を見たら、安いセット(帯、下駄付き)で3800円くらいからありました。

でも、いろいろ見てると目移りするというか、やっぱりすてきなのが欲しくなってくるんですよね。

そして、いいなあと思う柄のはお高くて、1万とか、1万5000円くらいするんです。

 

いいものを安く手に入れる

年に1回だけ着るものにそんなにかけたくはない。

かといって、気に入らない柄は着たがらないし。

結局2人でヤフオクで探して、送料込み3800円で落札しました(写真とは違うものです)。

気に入った浴衣を着て行った夏祭りは楽しかったようなので、とりあえずよかったです。

 

生活レベルが違うと、着る物、持つ物もすべて違う

タイトルの「生活レベルが違う人と付き合っていくのは大変」というのは、今回の浴衣の件だけではないからなんです。

その仲のいい友だちの家というのは、両親が看護師さん&学校の先生で、わが田舎では高年収世帯になると思います。

世帯年収は800万以上でしょう。

約300万のわが家が付き合っていくのは大変なのです。

 

洋服(ちょっとしたブランド品が普段着)だけではありません。身に着けるもの(帽子や靴など)、使っているもの(ペンケースやリュック)など、1つ1つが「あ、いいものだ」とわかるものなんですよ。しかも、おしゃれなデザイン。センスもいいです。

さらに、レジャーの行き先や食べ物(健康によいかどうかは別として、食事は加工食品が多い様子。加工食品は高いです)も違う。つまり、生活の1つ1つが違うわけです。

 

友だちと同じのが欲しい

うちの子は、その子の持ってるものを見て、同じものを欲しがる。

子どもには年収の違いはわかりませんからねえ。

基本、「他人(ひと)は他人(ひと)、うちはうち」で通しますが、欲しがってもしょうがないかというものは、買ってあげるようにしてます。

ただし、「うちは同じのはむりだよ。でも、似たようなのを一緒に探してみようか」と、提案してます。

ヤフオクやリサイクルショップで探すのは大変ですが、喜ぶのでまあ、いいかと。

 

今回の夏祭り、他の同級生は洋服だったようです。

浴衣着たいと思わなかったのもあるだろうけど、そういうおうちの子と仲良しだったら、いろいろなものを欲しがらないだろうし、もう少し出費が少なくて済むだろうな、なんて考えちゃいました。

これは、大人にも言えることですね。

生活レベルが違う人に無理して合わせるのは大変です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村