そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【貯金】衝動買いをやめたい。それにはリストを作り、「なぜ、欲しいのか」を見つめてみるのが効果的。

貯金の大敵はなんでしょう?

人によって違いがあるかもしれませんが、大きな敵の1つ、それは衝動買いです。

 せっかく立てた予算を崩してしまう衝動買いを防ぐには

衝動買いを防ぐのに、わたしが有効だなーって思うのは、「欲しいものリスト」を作ることなんです。

できれば、欲しい理由を添えて書いてみましょう。

 

なぜ欲しいのかという理由が大事

なぜ、理由まで書くのかって?

それは、「なぜ、欲しいのか」を突き詰めるため。

あとで読み返すと、大したことない理由で欲しがってたってわかります。

自分を見つめなおす作業でもありますね。

 

わたしが以前書いた「欲しいものリスト」の一部はこんなかんじ。

・新しい服 ママ友会があるので。ファッションにうるさいメンバーだから、よれよれしたのは着て行きたくない。

・美白化粧品 シミが増えたから。秋に同級会がある。

・ダイエット食品 久しぶりに会った人に「太った」と言われて悔しかったから。

 

書き出してみると・・・ほんと、バカバカしい(笑)

でも、その時は欲しかったものたちであります。

 

ほとんど、見栄ですね。自分をよく見せたいという思いが読み取れます。

「あ、見栄で欲しかったんだ」とわかって、リストから削除しました。

 

よく探したら、着ていける服はあったし、シミは減らないけど日焼け対策を今後はしっかりすればいいし、ダイエット食品にいたっては、食べ過ぎなきゃいいんですから。

 

時間が経つと、欲しいものが濾過されていく

これ以外にも、もうちょっとましな?欲しいものもありましたが、

しばらくたつと、欲しくなくなるものも出てきました。

やっぱり、いらないなって。

時間による欲望の濾過作用はすばらしい

 

衝動買いがどうしてもやめられない人は

そんなこといったって、衝動買い楽しいんだもーん♪ という人は、予算を決めてみてはどうでしょう。

衝動買い=ほぼ浪費、なので、「浪費枠」を作るんです。

 

この浪費枠、家計再生コンサルタントの横山光昭さんによれば、手取りの5%までが適正とのこと。

「えー、少ない」という場合は、毎月の浪費枠のお金を貯めて買いましょう。

そしたら、衝動買いとは言えなくなりますけどね。

 

衝動買いじゃなくても、買い物は楽しい

高額であればあるほど、欲しいものリストに書き込み、「欲しい理由」を見つめてみる。

そして、「時間の濾過作用」に打ち勝ったものだけを買っていく。

そうして買ったものは、本当に欲しかったものであると同時に、あなたに満足感を与えてくれると思います。

そこには、買い物の深い楽しみがあるんじゃないでしょうか。

感情に流されてばかりでは、お金は貯まりませんしね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村