そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【貯金】モノを粗末に扱う人は貯まりにくい。ヤフオクに出品にするようになって、できるようになったこと。

モノを大事にできない人は貯まりにくい

貯められなかったわたしは以前、モノを全然大事にできなかった人でもありました。

何ていうか、扱いがぞんざいだったんですよね。ていねいに扱うということをしていなかったから、傷むのも早かったし、そして傷んでくると愛着も薄れる。

「傷んできたなー」と感じた時点で、新しいのが欲しくなっていたわけ。

 

そもそも、本当に欲しいものを買っていなかった(安いものを優先しがちだったし、衝動的に買うことが多かった)ので、大事に使う意識が薄かったんでしょうね。

 

見回してみてください。お金が順調に貯まっている(だろう)人を。気に入ったモノを買い、大事に使っているんじゃないでしょうか?

 

なぜ、モノを大事にするようになったか。

そんなわたしにも、モノを大事にしようと思うきっかけがやってきました。

 

それは、断捨離を始めて、ヤフオクやamazonで不要品を売るようになってから

今使っているモノは、いずれ人様にお譲りすることになるかもしれない。そうなってもいいように、ていねいに使わないと!ってね。

 

基本、読み終わった本は手放していたので、本は特にそうするようになりました。

それまでは、ブックオフに持って行っていて、買い取り額が低かったこともあって、そんなに意識していなかったんですが。

amazonですと、買ってくれる人が目に見える(住所と名前だけですが。あ、あと評価もありますね)ので、きれいなままお渡ししたい、買った人に喜んでもらいたいって思うようになったんです。

その方が高く売れますしね。お互いにいいじゃないですか。

 

汚れたもの、傷んだものを出品するのは清掃が大変

雑貨は、汚れてると出品時の清掃が大変でした。

なので、ふだんから汚さないように、傷めないようにていねいに使うように。

 

その習慣が身に沁みついたんでしょうね。モノを扱う時は、基本きれいな手で(ぬれた手で触らないなど)、傷をつけないよう、ゆっくり扱うようになりました。

 

そうしていると、雑に使ってた時の何倍も長くきれいな状態が保てるんです。

そして、傷まないから長く使える。

当たり前ですが。

雑に使っていた時って、雑に使ってるという意識がないんですよ。

 

「モノをていねいに使える」というのは、生活技術の1つ

 この習慣が身に着いたおかげで、1000円で買った傘が10年くらい使えてしまった

f:id:nekoneko29:20160825090150j:plain

さすがに、色落ちしてきたし、止めるところが傷んできたので、そろそろ買い換えようかなあと思ってますよ。

 

モノを大事に使うと、貯金が増える

わたしの場合、モノを大事にする習慣が身についたのと、貯金が増え始めたのが同時期だったのは偶然ではないと思います。

 

モノを大事にすることで、プラスのサイクルが回り始めたんです。

 

モノを大事にする→長持ちする→頻繁に買い替えなくていい→お金が貯まりやすくなる→多少高くても気に入ったものが買える→さらに大事に使うようになる。

こういうサイクルができてきたのでした。

 

モノ=お金

モノはお金が形を変えたもの。

これからも、お金を扱うように、大事にモノを扱っていきたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村