そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【教育費】私立中は年間100万!? 年収300万世帯じゃ、破綻しますね。

「私立中」へ行きたい

以前、うちの子が「私立中学へ行きたい」とつぶやいたことがありました。

「ふーん、いいねえ」と軽く返事をしたわたし。

 

ですが、あとで調べたら、私立中学へ通うにはもろもろ含めて年間100万かかるらしいじゃないですか。

中高一貫校なら、100万×6年で600万! おー、大学用に貯めた貯金の2倍です。

入れたとしても、このままじゃ無理だ。年収300万世帯のわが家では。

 

私立中へ通うには(経済的に)

ざっと計算してみました。

今、年間貯蓄額は約80万円なので、あとは、車を1台手放せば、年間100万用意できそう。

貯蓄を続けたいんなら、わたしが働きに出る。

そんな感じです。

 

結局・・・

結局、中学は地元の公立に通うことにしたんですが、「高校からは私立行くから、お金貯めとくように」と、子どもから指示を受けました。

子どもなりに、地元の高校へ通いたくない理由があるようです。

 

「人生の夏休み」も終わりかな

大学進学用に貯めてある300万には手を付けたくないので、高校用の300万は今後3年のうちに貯めときたいなあ。

進学してから働いてもいいんですが、早めに備えておきたいもので。

年間100万かあ。

来年から働こうか。

長かった「人生の夏休み」も終わりを迎えそうです。

 

身の丈に合わせた進学先

あ、でも、私立中高行く家庭の年収は800万とか聞いたことがあります。

わが家は年収300万で、わたしのパート代100万を合わせたとしても400万。

その2倍の年収。どんな暮らしをしているんだろう?

年収高いうちの子たちとお付き合いするには、さらにいろいろかかりそう(持ち物とかも違いそう)。

 

やっぱり年収300万はそれなりにということで、公立高校も(さりげなく)勧めてみようかな。

 

教育費は聖域ですが・・・

教育費はいくらかけてもいいと考える人もいるでしょうし、それはそれですばらしいと思います。

でも、わが家の場合、そこまではちょっと難しいのが実情です。

その辺も説明しつつ、どうしてもやりたい勉強があって、それがその私立高じゃないとできない、となったら、考えてあげようかなあ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村