そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【貯金】貯金することに、はまり過ぎる苦しさ

先ほど「人はなぜ、お給料をいっぱいいっぱいまで使ってしまうのか」という記事を公開しました。

 

今回はこれとは逆に、「備蓄(貯金)しすぎる人」について、そして、その問題点について書いてみたいと思います。

 

貯金にはまり過ぎるのも苦しい

「お金はあればあるだけ使ってしまう人」とは反対に、「お金を備蓄したい」という思いの強すぎる人、貯金に燃えている人の頭の中はどうなっているか、見ていきましょう。

f:id:nekoneko29:20160830085722j:plain

そういう人は、お金は備蓄できるということがよくわかっているので、毎月1円でも多く残そうとするんですよ。

 

貯め込む楽しみにはまり過ぎてしまうんですね。

食費まで削って、たとえ、栄養不良になろうとも。冗談みたいな話ですが、実際あります。

 

貯金にはまっていた頃のわたしはそうでした。

いかに食費を浮かせるかって、頭をしぼってたなあ。

ちょっと栄養不足だった?かもしれません。

 

貯金を全くしないのではなく、また、し過ぎるのでもなく

貯金をしないのも現代を生きる上でリスクが大きいですし、貯金にはまり過ぎるのも息苦しい。

 

「今月のカードの請求、いくらくるんだろう」とドキドキしたり、

「今月、これしか貯金できなかった」と落ち込んだり、

お金に振り回されているという点で、どちらも苦しいですし、不幸です。

 

以前のわたしは、「貯金に関心のない人」であり、貯金に目覚めてからは「貯金にはまり過ぎている人」でもありました。

どちらの状態も、いつもお金のことが頭の中にあり、苦しかった

 

ちょうどよいバランスの貯金

貯金に無関心なのではなく、はまり過ぎるのでもなく。

両極端になるのではなく、ほどほどの貯金をし、ほどほどに楽しむ生活。

 

苦しい時代を通り過ぎ、

収入と支出、そして貯金とのちょうどよいバランス

今は少しずつつかめてきているように思います。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村