そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「家」の定義。一定期間、快適に住めればそれで十分です。

「家」って何だろう?

人によってかなり違うんでしょうね。

「家族の集う暖かな場所」という人もいるでしょうし、「人生のステータス」?とか。

 

わたしにとって、家は「一定期間、快適に住まう箱」ですかねえ。

シンプルです。

 

「箱」に過ぎないので、条件が変わったら、気軽に移動できる生活がいいなあと思います。

子どもが独立して家族が減ったら、より小さな家に住みたいし、年を取って体力が落ちてきたら、快適な街なかに引っ越したい。

そんなふうに軽やかに住み替えしていければ理想ですね。

f:id:nekoneko29:20160904141134j:plain

これは、わが家の茶の間にあるスペース。もとは仏間だったのかな? 1畳ほどの広さがあります。

 

最近妄想するのは、「ここに人1人住めるかな?」ということ。

高床のベッドを作り付けにして、その下に収納スペースを設けて、その下に机を置けば、1日過ごせるかも・・・。

個室が1畳のスペースで作れたら、すごいですよね。

「箱」としての家もかなり小さくできるのでは。

 

こんなふうなことを考えられるようになったのも、断捨離でモノを減らし続けているから。

モノを減らすと考えも身軽になるようです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村