そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【予算立て】特別支出を制する者は家計を制する。

気が早いですが、あとひと月もしないうちに、新しい年が始まりますね。

このところ、来年の特別支出について考えています。

来年の特別支出を計算してみた 

わが家は保険料は毎月払いです。

なので、年払い的なものは・・・

 

・車費 25万 

車2台分の車検費用や任意保険料、自動車税、メンテナンス費用などを年割すると、これぐらいになってしまうのです。

 

・火災保険料と地震保険料、固定資産税 10万

家が古いので固定資産税は3万ほどですが、地震保険料が高いです。

 

・慶弔費、交際費 10万

多めに取っています。

 

合わせて45万。

例年は以上で済むのですが、来春子どもが中学へ入るので、入学費用がプラスされます。

 

・入学費用 10万

制服はおさがりをもらってあるのでいいのですが、自転車の買い替えが必要に。その他、いろいろ買うものがありそうです。

 

なので、来年は55万です。

 月々の積立額は?

ボーナスから特別支出用に回せるのは、15万くらいなので、残りの金額(来年は40万)を毎月積み立てていくようにしています。

 

40万÷12カ月で、ひと月3万3000円ほどですね。

 

1つ定額積立を止めたので、何とか貯めていけるかな。

 特別支出に振り回されない家計づくり

なぜ、こんなにきっちり計算するかというと、特別支出を制する者は家計を制するからです。

 

毎月の生活費って、そんなに変動しません。

よほど浪費しなければ、今月の食費は先月の2倍かかったとか、水道料が3倍になってしまったとか、ないですよね。

 

家計のやりくりを複雑にしてしまう原因は特別支出にあります。

 

なので、年間の特別支出額さえ把握できれば、あとは毎月にならして貯めていけばいい。

ボーナスからある程度出してもいいですね。

 

特別支出を把握するようになってから、わが家のやりくりはとっても安定しました。

毎月増減する特別支出に振り回されなくなったんです。

 

意外に多い特別支出、ざっとでいいので計算することをおすすめします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村