そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

おせちだって、「貧乏アレンジ」で3000円で5品作れました。

昨日はおせちを作りました。

3000円で5品できましたよ。

f:id:nekoneko29:20161231100942j:plain

田作りに松前漬け、伊達巻、焼き手羽先と白菜の酢漬け、ローストビーフ、写真には写っていませんが牛バラ肉と里芋の炒り煮もあります。

 

伝統的なおせちが入ったセットものは買ってきても、だんなさんも子どももあまり喜ばないので(黒豆とか)、喜んで食べるものだけ、多めに作っています。

 

今年はこれを参考に。

f:id:nekoneko29:20161231102608j:plain

『サンキュ!』2017年1月号の、「笠原流〝食べたいものだけ〟ネオおせち」。

『賛否両論』店主、笠原将弘さんのレシピです。

タンパク質たっぷりでいいですね。

 

この他に、酢だこ、エビのつや煮、昆布巻き、かまぼこが加わりまして(昆布巻きは既製品を買いました)、合計5000円くらいですね。

 

貧乏アレンジのコツ

さてさて、〝貧乏アレンジ〟についてですが、

・里芋は見切り品 

・松前漬けの数の子はクズ?数の子利用(細かくバラバラになっているもの)

・同じく松前漬けのスルメは、おつまみコーナーの少量品を利用

・田作りのカタクチイワシは、煮干しコーナーで調達

・桶入りの酢だこは高いので、刺身コーナーで安い時に買っておいて冷凍。

味付けは自分でやってみました。

・同じくエビのつや煮は、安いアルゼンチンエビを冷凍しておきました。10尾で500円(笑)

・牛肉はオーストラリア産

・かまぼこも1つ100円の安いやつで十分

 

「おせち用」のコーナーで買わないこと、少し早めに買っておくことで安く作れますね。

タコや数の子など、形が整ったものではないけれど、味はそんなに変わらないはず。

 

年越しと三が日を1万円で乗り切る

このおせちとカニで、年越し&三が日乗り切れるかな?

カニを合わせると、合計1万です。

(お餅はだんささんの実家からもらいました。年越しと元日の夜はだんなさんの実家におじゃまするので、だいぶ浮きます。その分手土産は持って行きますが)

 

カニは懸賞で当たったスーパー商品券でお支払いなので、実質5000円です。

金額的には質素ですね。

 

豪快に使うのもいいですね

高収入なのに「お金がない」と言っていた友人は去年、大晦日の1晩(年越し)で10万使ったそうです・・・。

ちょっと使いすぎかな??

 

でも、それはそれで豪快な使いっぷりもいいですよね(わが家はやりませんが)。

それぞれに合ったやり方で年越しを楽しみたいものです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村