そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「お金持ちになりたい」じゃ、だめ。「達成したいことリスト」の実現には、具体的なイメージが必要です。

わたしはこれまで年初に「やりたいことリスト」を作成してきました。

 

ですが、このコラムを読んで、それよりも「年末に達成していたいことリスト」の方がしっくりくると思いました。

広田健太郎さんの健美家コラム

 

超優秀な大家さんの真似をしても成功するかわかりませんが、コラムを読んだ時点で、「あ、こっちの方が自分的には目標を持ちやすいな」と思いました。

 

「やりたいこと」だと、本当に「これ、できたらいいなー」くらいの感じになってしまうけど、「実現したこと」だと、年末までにやらないといけないことが想定できるのです。

具体的にイメージできるからでしょうか。

 

たとえば、「旅行に行きたい」だとぼんやりしてますよね。

これが、「10月に3泊4日で沖縄に行き、白い砂浜でのんびりする」だと具体的にイメージできます。

 

同様に、やりたいことリストだと、「お金持ちになる」とか、何となく書きがち。

これで、年末までに達成できるでしょうか?

イメージが湧きませんよね。

具体的にイメージできる人はいいのですが・・・。

 

わたしの場合は、年末に達成できてるかな?と考える方が「ゴール」が明確になるのでした。

 

「年末までに達成したいこと」を考えることによって、「お金持ちになる」というぼんやりイメージが、「100万貯まった通帳を眺めて、うれしそうなわたし」というふうに具体的になりませんか。

 

そして、実現したいことが鮮明にイメージできると、そのためには月何万貯金すればいいなとか、投資の運用成績を上げよう、など具体的な行動もとれます。

 

「やりたいことリスト」が具体的なら、それでいいんでしょうけれど、わたしの場合は、これを年末には既に実現している、と考えた方が脳に鮮明な画像が浮かんだのです。

 

なので、今年は「年末にこんなことが達成できていたらいいなリスト」を作りたいと思います。

くだらないこと、たわいないことも盛りだくさんにして、100個上げてみます。

 

2017年12月末までの「自分との約束」、どれくらい達成できるでしょうか。

楽しみです。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村