そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

モノを買っても「思い出」にはならない。ミニマリストになって、モノより経験を買おう。

わたしたちは何となく、「モノより思い出」の方が価値があるということを感じています。

これは、科学的知見からもそう言えるようですね。

 

「お金を出すならモノより思い出」の科学的根拠 | ライフハッカー[日本版]

 

「所有のパラドックス」にはまるな

モノを買っても、幸せになれません。

わたしも経験からそう思います。

 

関連記事:モノを買っても幸せになれないことがわかった。

 

あなたという人は、思い出や体験から作られている

わたし自身を振り返ってみても、20代のころに何を買ったか、今となってはほとんど思い出せません。

 

代わりに思い出すのは、旅をしたことや登山、スキー、1人暮らしに挑戦したことなど、「体験」したことばかりなのですよ。

 

開発の熱気にあふれていた上海、サイパンの真っ青な海、マニラの強烈な湿度と町のざわめき、汗だくになりながら険しい道を登ってたどり着いた山頂の景色・・・。

 

全身で体験した「記憶」は、映像とともににおいまで思い出したりして、今も色あせることがありません。

特に、感性が柔らかい若い時の、海外1人旅はいい経験になりました。

 

モノより思い出を積み重ねて

このブログは「いかにお金を使わないか」のすすめみたいに思われているかもしれませんが、そうではありません。

 

どうでもいいことやモノにお金を使わないようにして、自分がより満足できることに使おう―ということを伝えたいと思っているのです。

 

20代、30代の若い人が多く読んでくださっているようなので、なおさら声を大にして勧めたいのです。

モノより思い出(経験)だよ」と。

 

「思い出」をたくさん貯めよう

満足できること、やりたいことに、より多くのお金を使ってみる(予算内で)。

 

そうすると、40代になったころ、あなたには何にも代えがたい「思い出」がたくさん貯まっていると思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村