そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「貯金したかったら生活水準を落としなさい」。ブログアクセス数No.1の人気FP中嶋よしふみさんの指摘がまっとう過ぎる。

FP中嶋よしふみさんのブログを読んでいて、あまりにもまっとうな指摘に思わず笑ってしまいました。

 

年収1100万円なのに貯金が出来ませんという男性に、本気でアドバイスをしてみた。 : シェアーズカフェのブログ

 

この中で、年収が1100万円もあるのに貯金できないという男性に対し、中嶋さんは「支出を減らして貯金するには生活水準を落として下さい」
という身も蓋もない(笑)アドバイスをしております。


でもね、これまっとうな指摘ですよね。
ひとって、収入に応じた暮らしをしてしまうものなのです。

だから、高収入でも貯金できない人が一定数いるわけで。

 

生活水準を落とすには決意が必要

しかし、生活水準を落とすと一言でいっても、それが困難なのですよ。

「貯金するぞ」という決意なしにはなかなか難しい。

 

食費が高くて困るっていう友人に「牛肉を止めて、たまには鶏肉にしたら?」っていったら、
「それはちょっと・・・」とか言うんです。
「そっかあ、なかなか難しいよね」と同意しつつ、軽くイラっとしますw

友人は、「絶対、毎月貯金する」というところまでは決意していないのです。

 

生活水準を落とすことと節約の違い

友人は「安い牛肉を探して買うようにしているんだけどね」と節約してるアピールしてましたが、わたしに言わせれば、豚か鶏にすればいいんじゃないのって話です。

 

より安い牛肉を探すことが節約だとすれば、一気に豚や鶏肉に落とすこと―これが生活水準を下げるってことだと、わたしは考えています。

 

動物性タンパク質というくくりで見れば、卵だっていいんじゃないですかね。

なんなら、わが家は豆腐や大豆だっていい(もはや動物性タンパク質ですらないですが)。

 

生活水準を落とすのは大変。なぜなら・・・

生活水準を落とすことは大変です。なぜなら、この記事にも書きましたが、

自分より下流の生活って「見えない」ものなのです。

 

関連記事:生活レベルを下げる難しさ。自分より下流の生活は見えないものなのです

 

なので、牛を豚に変えるって発想はなかなか浮かばないし、浮かんだとしてもそれに慣れるまで抵抗感も大きいんですよね。

 

わが家も一時、おいしいパン屋さんの食パンにはまっていたのですが、さすがに高いね、となって、元の『超熟』に戻したのですが、初日の〝残念感〟は忘れがたいです。

 

貯金は生活水準との戦い

人は収入に応じて生活水準を上げてしまうもの。

だから、年収1000万あっても貯金ができない人もいるわけです。

 

そうすると、むやみに生活水準を上げないこと、意識的にお金を使うことがとても大事になってきますね。

一度上げてしまうと、元に戻すのは難しいから、気を付けたいものです。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村