そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

【家計管理】家計簿なんてめんどくさい! ずぼら主婦は全てを「固定費化」してみた。

家計簿ってめんどくさいですよね。

わたしは家計簿はつけないことにして以来、月末の憂鬱から解放されました。

 

わたしは、1円でも合わないとダメというほど、きっちり家計簿をつけていたわけではありませんでしたが、月末になると、あー家計簿しめなきゃな、と憂鬱でした。

 

計算機で合計してたので、計算が合わなかったり、間違えていたことにあとで気づいたり。イライラ。

 

毎月毎月、同じようなことしてる徒労感、そして、めんどくさい割に貯金に結びついていってる実感がない・・・。

 

基本生活費はほとんど変化がない 

そんなある日、ふと気づきました。

それは、「毎月の基本生活費はほとんど変化がない」ということに。

 

もちろん、電気代とか、灯油代とか、季節で変動はあるのですが、それも千円単位なのです。

電気代が先月1万で、今月は3万かかったとか、通常はないですよね。

 

ならば、年間でならして月割にし、口座に入金しておけば問題ないのでは? 

 

そうひらめき、各費目の昨年1年の金額を合計し、12カ月で割ってみたのです。

そうすると、わが家の月々の平均支出はこんなかんじになりました。

 

・食費、雑費 4万円

・電気代 9000円

・灯油代 5000円(主に冬期の暖房で使用)

・水道代 5000円

・子ども費 1万円(給食、学年費など)

・区費、固定資産税 8000円

・通信費 1万4000円

・保険料 7000円

・だんなおこづかい 3万4000円(お弁当持参ですが、洋服代や仕事で使う道具代など、もろもろ全部込みなので、お給料のわりに高めです) 

 

月々の平均支出額がわかったので、全部「固定費化」することができました!

年間の記録があったので、計算自体はかんたんでしたよ。

 

あとは、毎月これらをお給料日に振り分け、引落口座に入金したり、手元で管理したりするだけ。

もう、「今月の電気代は〇〇円で、水道代はいくらで・・・」なんて計算しなくていい。

 

これで家計管理のストレスがなくなり、すっきりしました。

もっと早く思いつけばよかった・・・。

 

家計を混乱させてしまう「特別支出」についてはこちらにも書いてみました。

どなたかの参考になればいいなあ。

 

関連記事:【家計管理】特別支出のせいで、イライラ。ここをコントロールできれば、家計は攻略できる

【貯金】わが家なりの「貯まる方程式」を作る。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村