そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「セミリタイア的専業主婦」を継続するにも技術がいる。中古品で生活コスト下げてます。

春ですね。

周りの専業主婦友だちが次々とパートを始めることになりました。

 

子育てにお金がかかる 

彼女たちが働くのは、子育てにお金がかかるようになってきたため。

これまでも働きたかったけれど、事情が許さず(下の子どもが小さいなど)働けなかったのです。

 

そして、共通するのは

・新築の戸建て住宅住まい

・子どもが2人以上いる

・特に倹約家ではない

こと。

 

住宅ローンを返し、子どもを複数育てるのは並大抵ではありません。

特に大学資金を貯めるのは・・・。

わが家は格安の中古住宅に住み、子どもは1人なので、この2点がまず違うところ。

 

住宅ローンという大きな固定費 

新築で住宅ローンを組むと、たいていの人は返済額(と、それに付随する支出)を少なく見積もるので、あとで生活が苦しくなるパターンが多いです。

 

関連記事:「新築して5年すると、奥さんが働きに出る家が多い」という重いひとこと

 

住宅ローンは重い・・・。

 

子ども関連の支出コントロールは難しい 

子ども関連の支出はなかなかコントロールが難しいですね。

 

医療費は小学校くらいまで無料だけれど、歯の矯正とか無料の対象にならない治療もある(高額ですよね・・・)。

何か習い事をしたいとか、中学受験をしたいと言い出せば、親としては願いをかなえてあげたいし。

 

これが子ども1人なら何とかなっても、2人、ましてや3人ともなると、もはや制御不能。

だんなさんがかなり高収入でなければ、共働き必須です。

 

やはり、一般的に「子育てはお金がかかる」といえますね。

 

中古主義で生活コストを下げる 

そして、案外重要だと思っているのは3点目の、「倹約家であるか、どうか」ということ。

 

これで、生活費、特別支出共にかなり変わってくるという実感があります。

 

 わたしもそうだったけど、何か物を買うとき、以前は「ふつうのお店」で「新品」のものを買うがデフォルトでした。

 

それ以外、何があるの? と思ったあなた、あるんです、中古という選択が。

 

中古で圧倒的に安く手に入れる

わが家は今では、こだわりがないものは基本的に、中古で手に入れるようにしています。

リサイクルショップだっていいし、知り合いがいれば、おさがりだっていい。

(ない場合は「ふつうに」買います)

 

これで劇的に支出が減るはず。

もっとも、たとえ中古でも、何でもかんでも手に入れたがっていたらきりがないので、その点はある程度ミニマリストになるべしーですが。

 

やっぱり、新品がいいのね 

住宅と子どもの支出は今さらどうしようもないけれど、ふだんの買い物で「中古主義」はいいよ、と友だちにおすすめしているわたし。

 

問題なのは、「なるほどね~」という反応はあるけれど、実際真似してくれている様子がないこと・・・。

やっぱり、みんな新品がいいよね。

 

わたしだって、そうです!

でもね、新品を買っていると、わが家の世帯年収ではお金が足りなくなるのです。

 

この辺は価値観によって意見が分かれるところですね。

「新品がいいから、自分も多少は働いてもいい」というひとが大多数な気がします。

 

ただ言えるのは、「お金をかけたくないけど、中古は嫌」という虫のいい考えはないっていうこと。

 

わたしは、たかがモノのために、自分の時間を売るのはもういいや、と思っているので、新品かどうかにこだわりません。

実質主義でいきます。

中古だって、働きはそんなに変わりないよ・・・。 

 

できるところまで、セミリタイア的専業主婦で行きます

以上のことを考えると、わたしが「セミリタイア的専業主婦」に踏みとどまれているのは、この3点によるところが大きいです。

 

これからも細々とこの生活を続けるつもりですが、子どもが私立高校や大学へ進学することになったら、働かないわけにはいかなさそう。

それまではのんびり過ごそうと思います。

 

それにしても、専業主婦仲間がいなくなってきたのはさみしい・・・。

お茶飲み相手をどうやって探そうかな。