そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「必需品」Aを買い、「欲しいもの」Bも手に入れる方法。

どうしても買わなければならない必需品と、どうしても欲しいものがあって、かといって、両方買ったら、予算オーバー・・・。

こういうことってありますよね。

 

中学の制服は買わなければいけないし、ノートPCも欲しい

わが家の場合、子どもの話ですが、最近あったんですよ。

「必需品」は中学の制服で、「どうしても欲しいもの」はノートパソコンでした。

 

なぜ、ノートパソコンを欲しがっていたかというと、クラスで小説を書くのが流行っていて、この1年、本人も毎晩せっせと(わたしのPCで)書いていました。

 

文章力もつきそうだし、パソコン操作にさらに慣れておくのもいいかなと、買い与えるのは投資になると判断しました。

 

共有PCだと子どもに取られてしまい、わたしもとても不便でしたし・・・。

 

やっぱり「中古」の活用は外せない

元の話に戻ると、必需品と欲しいもの両方をどうやって手に入れるかというと・・・

中古」を利用しました。

 

関連記事:「セミリタイア的専業主婦」を継続するにも技術がいる。中古品で生活コスト下げてます。

 

制服はおさがり、PCも中古で買うことにしたのです。

 

我慢じゃなく、納得して中古を使う

制服がおさがり? 我慢させてかわいそう!と思う人もいると思います。

子どもが嫌がったら、やめた方がいいかもしれません。

わたしも、もともとは買うつもりでいました。

 

でも、子どもがノートPCを欲しがっていたこともあり、両方は難しかったので、こう聞いたのです。

「もし、制服おさがりでよければ、ノートパソコン買ってあげられそうだけど、どうしたい?」と。

 

そうしたら、「パソコン買ってくれるの? おさがりでいいよ!」と答えたので、制服はおさがりにすることにしたのです。

 

そのようにして、子どもの同意を得てから、制服のおさがりをくれる人を探しました。

たまたま、あこがれの上級生から制服をもらえることになり、喜んで着ることになったのですが。

よかったね~。

 

浮いたお金で欲しいものも手に入れる

女の子の制服は新品でそろえると7万かかるので、節約額は大きかったです。

 

ブラウスや夏用スカート、靴下など足りないものを買い、お礼の品などを差し引いても5万近く浮いたので、これでノートPCを買うことにできました。

 

優先度に応じて、中古品を活用してみるのもアリ 

以上がわが家の「必需品Aを買い、『欲しいもの』Bも手に入れる方法」です。

 

必需品の優先度が気持ち的に低い場合は、工夫して安く済ませ、欲しいものに回すという手もアリだと思いませんか。