そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

他人軸消費はやっぱりお金がかかる。自分軸消費にシフトしたら、お金が貯まった。

昔は、何でもかんでも、「みんなと一緒」「これくらい、人並みでしょ」の他人軸消費をしていました。

そして、それはやっぱりお金が残らなかったです。

 

他人軸消費はメタボ家計になりやすい 

当然といえば当然ですが、他人軸消費って、メタボ家計になりやすいです。

基準が「人並みに」なので、すべての支出が多くなりがち。

(「人」って、具体的には誰?)

 

具体的に見ていくと・・・ 

当時の考えで、今どきの支出に1つ1つ当てはめていくと、こんな感じになります。

( )内は今のわたしの考え。

 

通信費→「スマホは今どき持ってて当り前よね~」。

(格安スマホを検討せず、夫婦でキャリアだったりすると、大変なことになりますね。)

 

住宅費→子どもが生まれるから、家を建てよう(新築で)。

(「中古でリノベーション」とか「スモールハウス」も選択肢に入れると、その後の資金繰り(やりくり)がだいぶ楽になるはず。)

 

子ども費(教育費)→これは絶対削れない、子どもの将来がかかっているんだもの。あの塾に入れて、この習い事も続けさせたいなー、本人のやる気はいまいちだけど・・・。

 

(教育費に手を付けるのは本当に難しいですよね。子どもの可能性を伸ばしてあげたいし。

しかし、あれもこれもだと教育費が膨大に。

本人のやる気がない習い事は断捨離、ですかね。)

 

車費→子どもも増えたし、大きな車じゃないとね。もちろん、新車で。

車は金食い虫なので、大きさと台数、そもそも保有するのかどうかも検討すべき。)

 

生命保険料→子どもも生まれたし、保障はたくさんつけなきゃ。

(遺族年金や高額療養費制度など社会保障をまず調べましょう。お得過ぎる・・・。)

 

無意識だから「メタボ家計」になる

ところどころ、一般的なのかなと思う支出理由も付け足してみましたが、どうでしょう。

 

こんなにダラダラな支出の家はそうそうないと思いますが、どれもありがちな理由なので、気を付けないと家計には贅肉がつきやすいってことですね。

 

これね、文章にすると、「なんてメタボな家計!」って思うけれど、本人は無意識なのですよ。

 

あまり、意識しないで支出している。

無意識だから使ってしまう。

 

だから、「あれ、生活苦しい?」ってなるまで、支出の多さに気づかなかったりするんですよね(かつての自分のことです・・・)。

 

いろいろ思うところあって、ミニマリスト系節約生活を送るようになるまで、実際わたしは気づかなかったですよ(汗)

あー、なんて、むだの多い生活を送っていたんだろう。

 

意識して消費してみる 

そんなわたしでしたが、貯金が増えないことを疑問に思ったり、本を読んで学んだりながら価値観が変わっていきました。

 

「これを買うと、自分はどうなんだろう」って意識するようになったのです。

払ったお金の分だけ、満足できるのか?と。

 

自分軸ができれば、貯金はかんたん(なはず)

そうです、自分軸ができてきたのです。

 

そうしたら、「今流行ってるけど、自分は今必要ない」って思うことが増え・・・

 

モノを買う回数も、むだに多く(保障や機能、性能も含む)欲しがることも少なくなって、結果的に多くのお金が残るようになりました。

 

こうしてみると、お金を貯めるって、ある意味かんたんなことです。

他人軸から自分軸に価値観を変えるだけです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村