そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

空き時間に何をするかで貯金額は変わる。趣味が「生産すること」や「メンテナンス系」の人は貯まりやすい。

空き時間に何をしていますか?

趣味が「生産」や「メンテナンス」系の人って、お金が減らないです。

減るどころか、むしろスキルが上がって、将来的に稼げるようになるかも・・・。

 

メンテナンス系とは

「メンテナンス系」って勝手につくった言葉です。

ガーデニングや、ペットのお世話などはお金がかからないなあと思いまして。

 

筋トレやウォーキングなども、広い意味で「自分のメンテナンス」、

お部屋の片付けやモノのお手入れもこの中に入るかな。

 

そうしてみると、メンテナンス系は本当にお金がかかりません。

 

しかも、お手入れすることにより、モノが長持ちしますから(ペットや植物なら健康に育つ)、節約につながりますね。

 

何かを「生産」することが趣味なら稼げるかも 

生産(何かを作ること)が趣味だと、多少お金はかかりますが、スキルが身についていきます。

 

手芸(ハンドメイド)にしろ、お菓子作りにせよ、好きで作り続けていくと上手に作れるようになるし、(需要のあるものなら)もらう人もうれしいし、いいことづくめです。

趣味が高じて稼げるようになるかもしれません。

 

油絵が趣味の友人は、習い始めは小さな絵を描いていたのですが、年々大作を描けるようになり、今では人から注文を受けて描くまでに。

いいおこづかい稼ぎになっているようです。

 

「生産」は多少の元手(油絵なら、画材や絵の具など)を必要としますが、それで長く楽しめますし、技術も身につく。

友人のように絵が売れて、元が取れるなんてこともあるかも。

 

わたしは最近、「ブログを書くこと」が趣味なのですが、これも「生産」ですよね。文章を生み出しているから。

アドセンス収入が少し入り出して、うれしいです。

月に数百円(汗)ですが、元が取れるようがんばろう。

 

「消費」が趣味だと貯まらない

これら「生産」「メンテナンス」の反対にあるなあと思うのが、「消費」系です。

 

ショッピングが趣味で、大して欲しくもないものを買って仕事のストレス発散とか、そういうのはもったいない・・・。

 

このタイプの友人もいるのですが、することなすこと、いちいちお金がかかるのです。

そんなにお金使わなくても、ストレス解消できるよ?

 

って、わたしも以前はそうだったので、大きなこと言えませんが。

 

「消費」する側から「生産」する側へ

何かを作ること、生み出すこと。

こういった「生産」することが好きだと、お金が貯まりやすいです。

 

反対に、「消費」にばかり目が向くと、いくら収入があっても貯まらない。

 

わたしも、休日の過ごし方を少しずつ変えたら、お金の減り具合が違いました。

 

「ひまだから、ショッピングにでも行こう」から、「ひまだから、何か作ろう」への転換が貯金額に直結します。