そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

もう収納用品は買わない。家の「収納スペース」を超えたら、モノが多過ぎ。

断捨離、終了しました。

 

f:id:nekoneko29:20170422085044j:plain

このあたりは、特にすっきりしたんですよ。

以前は背より高いカラーボックス風の棚がだーんとあって、モノがぎっしり。

この付近を見るだけで圧迫されそうでした。

息苦しい・・・。 

 

一段一段モノを取り出して、断捨離、断捨離。

ほとんど要らないものでした!

 

残った「使うもの」たちをそれぞれ適切な場所に配置したら、棚の中は何もなくなったのです。

なので、棚自体も断捨離ました。

スッキリ。

 

断捨離は引き続きやっていきますが、維持作業というか、そんな段階に入りつつあります。

 

そういった、定期的な断捨離はモノを買う限り、これからも一生続く作業ですね。

 

やっかいな「思い出系」も断捨離 

写真に写っているスペースだけではなく、これまで生きてきた44年分の断捨離(大げさ?)はとりあえず終わった感があります。

一番厄介な「思い出系」もほぼ終わったのです。

卒業アルバムとか日記とか全捨て。写真もほとんど捨てました。

 

やけになって捨てたわけではなく、「もう要らないな」と納得できたから手放せた。

だから、寂しいという気持ちはなく、とってもすっきりした気分なのです。

 

収納家具は家を太らせる

自分なりに「断捨離終了宣言」してみて思うのは、もう収納用品や収納家具を買うことはないだろう、ということ。

 

収納家具があると、家がメタボ化しやすいです。

 

スペースがあると、モノを突っ込んでしまうーという人は特に買うのをやめた方がいいです。

わたしはそうだったので・・・

 

関連記事:【断捨離】収納用品がモノを呼ぶ。部屋が圧迫されているのは、「入れるもの」のせい。

 

家にはもともと収納スペースがある 

そもそも、最近の家は「収納スペース」が計算されて作られています。

だから、そこに「収納家具」を買い足す必要は、本来ないはず。

 

「収納率」はマンションで8%、戸建てで12%以上が理想だそうです。

収納上手に欠かせない住宅設計のポイント | 三井開発

  

わが家のように築40年以上の古家だったり、狭いアパートだと、収納スペースが少ないと思いますが、「必要なもの」だけにしたら、全然!いけます。

 

家にもともとある収納スペースがあふれてきたら、断捨離のタイミングです。

 

関連記事:「収納破産」という言葉の衝撃。部屋が散らかるのを防ぐには、断捨離ポイントを見誤らないこと。

 

収納家具は魔窟製造器 

「いるかどうかわからないけど、とりあえず」つっこむ習慣は悪ですよ、ほんとに。

 あっという間に、「魔窟」ができ上ってしまう(汗)

収納家具は「魔窟製造器」ですね。

 

何が入っているかわからないから、また同じようなものを買ってみたりする。

もったいないことしてました!

 

収納用品はモノを停滞させる 

タンスにカラーボックス、かごやケース・・・

これまで買った収納用品や家具を捨てて思ったのは、

 

収納家具はモノを停滞させる」ということ。

 

収納家具の中に「とりあえず」溜め込まれたモノたち。 

使われもせず置かれたままで、腐りはしないけれど、使われないモノたちが発する気で、空気もよどみそうです。

 

そんな扱いをされているモノたちはかわいそうだと、最近思うようになりました。

 

関連記事:収納破産―汚部屋は「お部屋の便秘」状態。断捨離ですっきりさせよう。

 

断捨離はモノの循環を促す作業

収納家具はモノの流れをせき止めてしまうから、もう買わないと思ってます。

 

水が流れるように、モノを循環させて暮らしたいと思うなら、収納用品は絶対に増やさない方がいいです。

 

そんなことを感じています。