そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「お金」のいらない世界が近づいている。支払い時に現金がなくてびびった話。

最近「お金」を使わなくなりました。

「お金」自体を使わないのではなく、「現金」を使わないという意味においてです。

 

個人商店や100均など一部の業態を除けば、ほぼクレジットカード決済が可能になっています。

なので、ふだんお財布ポシェットにはクレジットカードと、お守り的な意味合いで1,000円札1枚を入れて出かけてしまいます。

 

日々立ち寄るところと言ったら、田舎なのもあってスーパーかホームセンターくらい。

現金は必要ありません。

 

 

そんなわけでこの日もクレカと1000円札1枚でお出かけ。

ママ友とお茶をするために、久々にカフェ(個人経営)に入りました。

 

これも・・・

f:id:nekoneko29:20170603173702j:plain

 

これも・・・

f:id:nekoneko29:20170603173740j:plain

むふー、おいしい。

 

話も弾むなあ。よーし、お茶をもう1杯!

f:id:nekoneko29:20170603173907j:plain

あー、楽しかった♪

 

・・・お気づきの方もいると思うけれど、写真2枚目の時点でとうに1000円超えてます。

 

このお店は「現金払いのみ」ということを精算時まで考えもしませんでした。

 

支払い済みの友人の金額は2130円。

わたしも同じものを注文したから、その金額です。

 

「あれ? お金あったっけ??」と青くなったのは言うまでもありません。

  

で、ポシェットには1300円(小銭も若干あったので)。

全然足りないじゃーん! 

すごーく焦りました。

 

スーパーなら返品できるけど、もう食べちゃったし、飲んじゃったし!

・・・結局、友人に借りる羽目になりました。

 

友人が余分なお金を持っててよかった(1000円くらい持ってるか)。

今現在、個人経営のお店ではまだまだ現金決済が主流なのでありました(というか、現金払いのみのところがほとんどですかね)。 

 

とまあ、現金の持ち合わせがなくてびびったという、何とも間抜けな話でした。

 

そんな失敗をしたからというわけではありませんが、これからクレジットカードはもちろんビットコイン、電子マネーなどの電子決済はますます広がり、キャッシュレス化はさらに進むでしょう。

 

現金という非効率的なものがデジタル化していき、「お金」はもはや数字上のデータに過ぎなくなる。

そんな時代がすぐそこまできているように感じます。

 

そんな中、60代、70代ならわかるけれど、いまだに「クレジットカードは怖いから使わない」っていう人は大丈夫なんだろうか・・・などと余計な心配をしてしまいます。

 

関連記事:「クレジットカード払いにすると、お金を使い過ぎちゃうから使わない」が意味わからない。

  

今後も現金がなくなることは考えられませんが、使う場面はかなり限定的になってくるはずですし、現金という非効率的なものを使う人は「見えない手数料」(現金客は実質的に高い価格のものを買う羽目になる)が上乗せされてくるのではと思うからです。

今もすでにクレジットカード使用者と現金払い者の間にはそういった状況があります。

 

「現金、久しぶりに見た~」。

10年先かと思っていましたが、もしかしたらあと4~5年でそんな世界になるかもしれません。

その時に備えて、少しずつ対応を考えていきたいと思います。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村