そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「貯金していることを忘れる」ために、自制心のない人ほど「見えない化」が大事。

貯金は天引きで。そして、貯金したことは忘れる。

 

これは、だいぶ前の小飼弾さんのブログにあった「貯金のコツ」です。

 

そこに書かれていたのは、

1、まず収入の25%を分けておく。
 1、住宅ローン以外の借金があったら、その25%を全て返済にまわす
 2、なければそれを全て貯金し、貯金したことを忘れる

 

というものでした。 

これが貯金の王道であり、たいていの貯蓄術はこれの亜種に過ぎない、とあります(小飼さんの独創ではない)。

 

小飼弾さんのブログはこちら→

404 Blog Not Found:軛をChokin! - 書評 - 年収200万円からの貯金生活宣言

 

貯金力チェックリスト」が実装されていておもしろいですよ。

(試しにやってみたら90点!「貯める素質十分にあり」。うれしい)

 

「天引き貯金25%」は、「日本の公園の父」であり、巨額の資産を築き上げた本多静六さんの貯金方法です。

「収入から25%」を4年続ければ、1年分の生活費になる。

 

『 私の財産告白』本多静六

 

えー、25%も無理!という声が聞こえてきそうですが、

まあ、%はさておき、「天引き貯金をする」ということが大事なんです。

 

たとえ1%であったとしても、始めさえすれば

その比率をどんどん増やしたくなるはず。

 

そして、「貯金していることを忘れる」というのが、

小飼さんの主張のおもしろいところ。

他の貯金本ではその主張は見たことがないし、

本多さんの著作にあったかな・・・??

 

人間、目に見えるお金は使いがちですからね。

 

貯金の存在そのものを忘れるには 

自制心の低い人ほど、または、

貯金があるとつい支出がゆるんでしまう人ほど、

「目に見えなくする」工夫が必要でしょう。

 

 

今は「マネーフォワード」など、便利なwebサービスがあります。

複数の銀行口座やら証券口座、各種ポイント類まで、時価で一覧できてしまう。

 

これは「貯金が貯まると使いたくなってしまう人」には善しあしで、

そういう人はしょっちゅう閲覧しない方がいいですね。

余計な誘惑は排除すべし。

 

お金が必要になった時に口座をのぞいたら、

こんなに貯まっていた!

くらいがちょうどいいでしょう。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村