そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

ジャンボ宝くじ売り場の列に並ぶ人たちに思うこと

サマージャンボ宝くじの販売は終わりましたが、

ジャンボ宝くじの発売時期になるたびに

買い求める人の列を見かけることがあります。

 

それを見て思うことは、「皆さん寄付をありがとう!」という感謝の気持ち。

なぜなら・・・

 

収益金の使い道と社会貢献広報

収益金の使い道と社会貢献広報 | 宝くじ公式サイト

 

公式サイトによると、収益金の約40%が発売元の都道府県などへ納められ、公共事業などに使われているとのこと。

 

10枚1組3000円分を購入すると、1200円が都道府県に行くわけです。

 

 

宝くじを買い求める人たちは失礼ながら

生活に余裕があるようには見えません。

わたしの友だちも、「どうせ当たらないけどね。

いいんだ、夢を買うんだから!」と言って買っています。

 

どちらかというと貧しい層がせっせと宝くじを買い、

都道府県に寄付をしているようなものです。

 

 

そして、その収益金の使い道はというと・・・

●子ども、妊産婦医療助成事業
●橋りょう補修事業
●芸術文化振興事業
●子どもの居場所づくり促進事業

など。

 

インフラの保全や子どもたちのために使われているみたいですね。

すごく社会の役に立っている!

宝くじについて 収益金の使い道と社会貢献広報 平成27年度 収益金充当事業一覧 | 宝くじ公式サイト

 

 

もっとも、買っている本人たちは寄付している意識は

これっぽっちもないようですが・・・(汗)

年間で見ればけっこうな金額を寄付していますよー。

皆さんありがとうございます。 

 

と感謝しつつも、やっぱり「宝くじ」って割り切れません。

だいたい控除率53%って、ギャンブルとしても最悪です。

これならパチンコやった方がいいなあ(やらないけど)。

 

株を買うより、よほど「怖い」です。

(宝くじは買うのに、「投資は怖い」というのはなぜなんだろう?)

 

わたしも以前は知らなかったけど、こういったからくりを知り、

宝くじは買わなくなりました。

 

やはり、お金はリテラシーの高い方へ流れ、低い人はむしり取られる

世知辛いですが、それが事実かな、と。

 

 

とはいえ、この前引き出し掃除をしていたら、

ずいぶん前に買った「サマージャンボ宝くじ」が出てきました!

わたしもその時は「夢を買」ってみたかったのかもしれません・・・。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村