そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

セルフケアで軽度の下肢静脈瘤が改善した① 病気を知ることで予防ができる。

足の血管が浮き出たり、むくんだりする下肢静脈瘤

ご存知の人も多いと思います。

 

それほど深刻ではないとはいえ、わたしもここ数年悩まされてきました。

 

それが、かんたんなセルフケアを続けることでだいぶ改善したので、

その方法を紹介します。

 

お断り:実は「下肢静脈瘤」と診断を受けたわけではありません。

ネットや本で調べた症状が当てはまっていたので、

本で推奨されていたケア方法に取り組みました。

自分は下肢静脈瘤かも?と思われる方は一度診断を受けた方がいいです。

そして、初期のうちなら、これらのセルフケアが効果があるかもしれません。

 

 

下肢静脈瘤にはCEAP(シープ)分類というものがあり、

進行度の目安になるそう。

 

CEAP分類

C1:毛細血管や網目状の静脈瘤があるが、ボコボコではない。
C2:ボコボコな血管があるが、その他の症状はあまりない。
C3:ボコボコな血管とむくみがある。
C4:足にボコボコな血管と皮膚病変(湿疹や色素沈着など)がある。
C5:足の皮膚にボコボコな血管と治ってしまった潰瘍瘢痕がある。
C6:足にボコボコな血管と皮膚潰瘍がある。

 

下肢静脈瘤の初期症状を判断する方法は?|横浜静脈瘤クリニック

 

これによると、わたしは血管が浮き出て(ボコボコではないですが)、

むくみがあったので「C3」に当たりそうです。

 

 

下肢静脈瘤になる原因は

・遺伝

・出産

・立ち仕事

などだそうです。

 

わたしは「出産」が該当しています(遺伝しているかどうかはわかりません)が、

立ち仕事はしたことがなかったです。

なのに、なぜ下肢静脈瘤になったんでしょう?

 

実は座りっぱなしもよくないのです。

立ち仕事でも、少し動くならばなりにくいようなので、

要するに「同じ姿勢でじっとしている」のがよくない。

 

下肢静脈瘤になる前の仕事は比較的よく動く仕事で、

足の不調はまるでありませんでした。

 

その仕事を辞め、全く動かない仕事(ヒマだった)になって1年後あたりから、

むくむようになってきた気がします。

 

座りっぱなしのため血の流れが悪くなり、

下肢静脈瘤になってしまったんだと思います。

 

同じ姿勢でいるのがよくないことを当時知っていれば、

適度に立ち上がって歩いたり、

足をパタパタ動かしたりして予防策が取れていたのですが・・・。

 

 

さて、そんな動かない生活を続けて4年目。

足のむくみはひどく悪化していました。

 

この状態がまさか病気とは思わなかったので、

治療はおろか調べることもしなかったです。

 

相変わらず下肢静脈瘤のことを知らないままで、改善策も何もせず。

この時、病院にかかるなり、病気の可能性を調べるなりすれば

治りはもっと早かっただろうなあ・・・

 

 

いろいろあって、その仕事を辞め、専業主婦に

(自分的にはセミリタイアのつもりですが)なりました。

 

そうしたら暇ができたのでいろいろな「ちょい不調」を治そうーと、

ネットで調べて、自分の症状が「下肢静脈瘤」というものだと

やっと知ることができました。

 

静脈瘤 - Wikipedia

 

 

この下肢静脈瘤、出産経験のある女性の2人に1人、約半数の人が発症するというデータもあり、

患者数は1000万人以上と推測されるありふれた病気なのです。

 

知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤について

 

 

こんな高率でなる病気なら、学校の授業(保健体育)とかで教えてほしかった。

 

そうしたら、弾性ストッキングを履くとか、毎晩マッサージをするとか

予防策が取れたのに・・・。

知らなければ、予防もできません。

 

 

長くなったので、続きはまた書きます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村