そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

アフロ記者・稲垣えみ子さんの功績は「おしゃれじゃないシンプルライフ」を広めたこと。

めちゃめちゃ失礼なタイトルで、稲垣さんすみません(汗)

 

でも、本当にそうだと思っています。

 

「シンプルライフ」ってあこがれますが、特に女性向けのシンプルライフって、

「意識高い系」で「おしゃれ」で「賢い」みたいなイメージがあり、正直敷居が高いです・・・。

 

きれいに片付いた室内でヨガをたしなみ、朝食はグリーンスムージーみたいな。(←イメージです)

 

おしゃれじゃない自分が目指してもいいのか?

そんなとまどいがありました。 

 

稲垣さんはそんなおしゃれなシンプルライフイメージを壊してくれました。

ご本人にはそのような意図はなかったと思いますが。

 

電化製品を極力排除した生活で、電気代は月200円以下。

冷蔵庫も持たず、食事はベランダで干した野菜にぬか漬けなどでまかなっています。

 

「江戸時代の暮らしを目指した」という彼女の生活ぶりは実に素朴で、シンプルライフというより、

「ワイルドライフ」といった方がしっくりきますね。

 

むだをそぎ落としていった結果、たどりついた生活。

アフロな外見と相まって、「野生児」を彷彿とさせます。

 

 

早期退職してもらったであろう巨額の退職金(5千万とのうわさも)はさておき、

エリートであればあるほど、その地位を手放すことは難しいでしょう。

朝日新聞論説委員(退職時は編集委員)という立場を捨て、ここまで生活を落とせるのはむしろ清々しいわ・・・。

 

 

こういうシンプルライフの形もある。 

稲垣さんの生活ぶりを知り、シンプルライフのハードルが一気に下がりました。

 

おしゃれでなくたっていい。

自分なりのシンプルライフを極めていけばいいんだよ、と背中を押してもらえます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村