そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

「あなたの家で暮らしたら、やせそう」と言われた(←ほめてない)。

これまで上げてきた拙い写真からもわかるように、わが家は粗食です。

 

最近は品数も断捨離した結果、「一汁一菜」と簡素さに磨きがかかっております。

関連記事:三菜も必要なの? 土井善晴さんの「一汁一菜でいい」は食事作りの「断捨離」だ。

 

粗食かつ品数少なし、ですが、さすがに育ち盛りの子どもにはタンパク質多め、肉体労働の

だんなさんには炭水化物多めに盛り付けるなど工夫(?)はしています。

 

健康を保ちつつ、節約するにはどうしたらいいか。

行き着いたのは、おからにコンニャク、ちくわ、油揚げ、豆腐、モヤシ、とりムネ肉、イワシ、

卵などの食材でした。

 

これらは、かさ増し要員としても節約生活には必須ではないでしょうか。

今ではわが家の食卓に欠かせないメンバーたちですが、節約生活を始める前はほとんど

買うことがなかった面々でもあります。

 

節約生活に力が入っていた時期は、そんなこんなで月の食費は2万円以下でした(子どももまだ小さかった)。

実家から野菜はしょっちゅうもらっていたし、米代は除いての金額なので、節約家から見たら

大した額ではありませんが、わたしの周囲では驚きの目で見られたものです。

 

たぶん、この2倍くらいの金額が一般的なのではないでしょうか。

 

 

以前勤めていた会社で、このようなわが家の食費事情を話したところ、同僚に言われました。

「あなたの家で暮らしたら、なんかやせそう(苦笑)」って。

(苦笑)からもわかるように、ほめてないですがw

 

たしかにわが家は皆、細身です・・・。

「断食道場」ならぬ、「ダイエット合宿」の宿泊施設を経営したらうまくいくかも。

 

節約し過ぎなんじゃない? と言われそうですが、でもまあ、健診の数値はオールAなので

これでいいのでしょう(たぶん)。

長い目で見ないとわかりませんが。

関連記事:祝・定期健診結果オールA! 健康オタクのわたしが気を付けていること。 

 

 

近ごろは、炭水化物比率を落とし(糖尿病予防)、タンパク質比率を上げた(栄養不足を防ぐため。

肉だけでなく大豆や魚、乳製品など幅広く摂るようにしている)ことから、食費は3万円前後まで

上がってしまいましたが、長期的に見て健康でいられるなら良しとしています。

 

子どもも中学生になってたくさん食べるようになったし、しょうがないですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村