そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

人口減社会。家は格安中古をリフォームして、住み替えていくのが経済的にはベスト。

秋晴れのいい天気が続いたので、農作業に家の補修にと、いろいろはかどりました。

気温がちょうどよくて湿度が低いと、作業も快適に進みます。

 

ボロボロにさびたベランダにペンキを塗ったり、トイレの砂壁にペンキを塗ったり。

決しておしゃれなDIYではないですが、ベランダはこれでしばらく持ちそうだし、薄暗かった

トイレも一気に明るくなりました。

 

 

わが家は築30年ほどの家を買い、住み続けて早15年。

すでに築45年の古家です。

 

しかし、こうやって少しずつ手を入れていくと、ボロ家でも(それなりに)愛着が湧いてきますね。

あちこち傷んでいるし、冬は寒いし、なかなか過酷な住環境ではありますが、古くたって

(それなりには)住める!

 

 

でも、「終の棲家」とはいかないだろうなあ・・・。

地盤沈下して傾いているから、地震が怖いし。

なので、もう1回は家を買わないといけないと思っています。

 

ただ、その資金はあまり心配してません。

なぜなら、今後は人口減少に拍車がかかるから。

 

関連記事:人口減社会。空き家の増加・・・。やっぱり、住まいは「中古の住み替え」でいこうと思う。

今後、恐ろしい勢いで人口が減っていきます。

 

これは日本全体で同じように減るわけではなく、わが家のある農村地域などはすでに

減り方が早くなっています。

周辺部の廃墟化(そして、中心部も?)は思ったより早いかもしれません。

 

これは残念なことではありますが視点を変えると、場所さえ選ばなければ中古住宅は

どんどん供給されるということ。

 

今の家も350万ほどで取得しましたが、もっと安い家、タダでもいいからもらってという家が

これから増えてくる。

そこを狙っていきたいと思います。

 

 

新築にこだわりがなければ、「格安中古を取得・リフォーム→そして売却して住み替える」のが

経済的にベストでしょう。

 

田舎では賃貸住宅の家賃は比較的高いので、格安中古物件にある程度住み続ければ

家賃を下回る価格で住めます。

 

中古物件でも、お好みの内装でリフォームすれば、住み心地のいい家になります。

リフォーム作業を自分でやれば、材料費のみなので格安です。

 

立地のよい家だったら、しばらく住んで売却益も狙えるかもしれません。

 

今の家は立地も耐震性もいまいちなので、買った時より高くは売れなさそう。

その点が残念です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村