そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

バカな節約はほどほどに。暖房費をケチって、医療費がいっぱいかかった。

寒さはいったん緩んだようですが、今年の冬の寒さはどうなんでしょうか。

 

冬で思い出すのが、「暖房費をケチったために、かえって医療費がかかった」思い出です。

 

あれは数年前の冬のことでした。

仕事を辞め家にいるようになった初めての冬だったので、暖房費がどれくらい増えるか心配だった

のを覚えています。

なので、「暖房は極力使わない」作戦に出ました。

 

 

ここで、わが家の暖房事情を。 

居間では石油ファンヒーターで室内を暖めると同時に、コタツも温まるという「省エネダクト」を

使用しています。

 

省エネダクトとは、こんな感じのです。

 このダクトは本当に優れモノで、部屋もコタツも一緒に暖かくなるので、コタツの電気が

不要になります。

寒い地域では使っている人も多いのでは?    

 

 

肝心かなめのファンヒーターは信頼の「ダイニチ」ブルーヒーターを使用。

これは着火が早いし、省エネモードが優れていて燃費がいいです。

(最近の他メーカーのと比べたことはないので、たぶん、ですが)

 

消火時の臭いも抑えられているし、とにかく使い勝手がよい。  

ホームセンターや家電量販店でも目立つところに置いてあるので、一番の売れ筋メーカーだと思います。

 

このダイニチのファンヒーターは、常に小火力を保つ「Lo設定」という機能があるんですが、

これだと本当に灯油を消費しません。

 

通常の設定にしてしまうと、例えば室温が10度で、設定温度が15度だとすると、設定温度まで室温を

上げるのにかなり強い火力(最大火力?)になり、これだと相当灯油を消費してしまいます。

 

一番効率のよい使い方は、最初から最後まで最小火力で燃焼させること(だと思う)ので、

わが家の場合、真冬は朝起きた時から夜寝るまで「Lo」でつけっぱなし(外出時はもちろん消します)。

 

この使い方だと、1日10時間近くつけていても5Lタンクで4~5日間くらいもちます。

灯油が1L100円としたら(今はこんなにしませんが)、1日当たり100円~125円なので、1か月では

3000円~4000円といったところでしょうか。

 

 

こういったファンヒーターが各部屋に1台ずつ、合計5台(お勝手にはそれにプラスして

石油ストーブもあります)稼働しているので、ひと冬の暖房費は灯油だけで約6万円かかります・・・。

冬はいろいろお金がかかって嫌ですねえ"(-""-)"

 

 

さて、そんなふうにして、なるべく灯油を使わないように基本は「Lo」で使っていたのですが、

数年前の寒かった冬も温度を上げずにがんばっていました。

コタツに入りながらネットをしたり、読書をしたり。

そうこうしているうちに、だんだん手が冷たくなってくるんですが、それでも設定温度は

上げずにいたんです。

室温は「8度」とかだったと思います。

 

そんな日々を過ごすうち、だんだん手が赤くはれて痛くなってきました。

そして、ふと気づくと指の関節にかさぶたのようなものが・・・。

 

「なんだ、これは!」とびっくりして個人病院に行くも、病名はわからず。

皮膚科のある病院にもかかることになりました。

そして、ある診断が下されたのですが・・・、

 

ただの「しもやけ」でした( ;∀;)

 

結局、病院2件にかかったお金は合計4000円。

これだけのお金があれば、ファンヒーターをケチらず温度を上げたって余裕で使えます。

 

寒さに耐えた1か月はいったい何だったのか。

虚しさでいっぱいになったのは言うまでもありません。

 

バカな節約はほどほどにしようと固く思いました。

この冬も健康を最優先でいきたいです。

 

 

ダイニチのファンヒーターはおすすめです。

今は他にももっとエコな機種が出ているのかな。