そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

憎きピロリ菌を除去するために通らないといけない関門「胃カメラ」。鼻からの(経鼻胃内視鏡)は楽だった。

胃がんの原因となると言われている「ピロリ菌」。

放っておくと怖いので、先月検査を受けてきました。

結果は・・・「陽性」でした!

 

じゃ早速、除菌だね。と思うじゃないですか。

違うんです。

 

ピロリ菌の除菌自体は強めの抗生剤を1週間飲み続けるだけなのでかんたんなのですが、

その薬を処方してもらうには「胃カメラ」検査を受けなければいけないのです。

なんででしょう?? 

 

 

それにしても、胃カメラ・・・。

あの苦しさは過去2回飲んだことがあるので経験済み(経口タイプ)。

あんな思いをするくらいなら、ピロリ菌と共生していこうかと思うくらいですが、そうもいきません。

 

人に聞いたら「鼻から入れるのはそんなに苦しくないよ」とのことだったので、「経鼻胃内視鏡」

検査を行ってくれる病院を探して行ってきました。

 

 

検査を終えた感想はというと、「たしかに、経口のより苦しくない」。

「口からのより、苦しさは3割、4割引きですよ」と医師が言っていた通りでした。

まあ、それでも苦しい検査には検査だったんですけどね(;^_^A 

 

 

当日の検査の流れはこんな感じでした。

・胃の中をきれいにするための液体を飲む(無味でした)

・鼻の通りをよくするための鼻スプレー(ちょっとしみた)

・鼻の奥に何か薬(説明内容を忘れました)

をし、待つこと15分くらい。

 

治療室に移動後、

・鼻の奥にジェル状の麻酔薬を注入(変な味で刺激もあり)

 

しばらくして鼻の奥と喉の感覚がなくなってきたら、いよいよ内視鏡の挿入です。

経鼻のは経口のより細いですが、それでも管が入るのですから、やはり、鼻の奥の曲がったところや

喉を通る時は痛かったり、「おえっ」となったりしました。

その2か所の関門を抜けたら後は比較的楽ですね。

 

手元のモニターを見ながら、医師の説明を聞き、一緒に胃の中を観察できます。

へえ、胃の中はこうなっているんだ・・・。

 

10年以上前に胃カメラを飲んだ時は、苦しくて画像を見る余裕はありませんでした。

今回はじっくり見れてよかったです。

 

 

画像は、わたしが見ても何もわかりませんでしたが、医師の説明では「うーん、50代の胃だね」

とのこと。

筋力は30代並みなのに、胃は50代。

軽くショックでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

 

何でも「萎縮性胃炎」だそうで、けっこう広い面積だったようです。

長年ピロリ菌の攻撃を受けていたせいかもしれません。

でもまあ、重篤な病気はなかったのでよかったです。

 

 

その日は、除菌のための抗生剤を1週間分処方され、帰途につきました。

 

けっこう長い時間(5分以上?)胃の中をぐりぐりと検査され、胃壁を観察するために水を

流し込んだり、空気を入れたり・・・。

思ったより苦しくはなかったけど、やはりかんたんな検査ではありませんでした。

 

前日からの緊張も解け、どっと疲れが出たので、帰宅後は2時間ほど眠りました。

前の晩8時以降から何も食べていなかったので、遅めの昼食はことのほかおいしく感じられましたよ。

 

難関の胃カメラ検査を終え、あとは薬を飲むだけ。

これで除菌に成功すれば、

・塩分控えめの食生活

・熱すぎるもの、辛すぎるものを控える

これらを心がければ、胃がんの心配はほぼなくなるだろうと思います。

(もちろん、喫煙、過度の飲酒はだめですよー。ストレスもよくありませんが)

 

やっぱり、検査を受けに行ってよかったです。

 

 

 

 

ピロリ菌がいるかいないかだけ知りたいという人には、郵送検診型の「ピロリ菌検査キット」があります。