そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

ズボラ家計管理を極めたと思っていたが、「特別支出費」がザルだった!ので改善してみる。

先月、1日1000円の「クリアファイル家計簿」がうまくいったのを喜んでたけど、わが家の家計管理には問題があることも発見しました。

 

 意外な発見も多かった「クリアファイル家計簿」→11月のやりくり費。倹約してると思っていたけれど・・・。「クリアファイル家計簿」で支出の見直しができた。 

 

 

いやね、しばらく前から気づいてはいたんですよ。

表向き、月4万でやりくり(食費、日用品費、1回あたり1000円~2000円ていどの少額の雑費)はできていた。

・・・けれど、実はその範囲で収まってはなかったんです。

 

予定より多く使ってしまったガソリン代だとか、ちょっとした交際費(手土産代とか)だとか。

そういうはみ出た部分は全部「特別支出費」から出してました。

 

毎月の家計簿上には出てこないので、とりあえずやりくりできてる錯覚を生んでました。

で、年末に「特別支出かさんでるな・・・」となって、つまり、その分貯金を食いつぶしてたんです。

(わが家の特別支出管理は、年初に予算を組んで、月割りの積み立て+ボーナスで対応してます)

 

そういったわけで、思ったより(計算上より)貯金ができてない現状がありました。

 

 

わが家の「特別支出費」は、

・年払いの火災保険

・自動車維持管理費(車検、任意保険、消耗品)

・慶弔

・イベント代(年末年始などの支出用)

・家電が壊れた時用

・家の修繕費(古いので直すところがいっぱいある)

くらいにしか対応してません。

毎月割の積立金額もその分しか貯めてないわけで。

 

 

なのに、毎月「ちょっと足りない雑費」を支払うのに流用してしまってました。

この金額がけっこうバカにならなくて、月に1~2万も!使ってました。

 

・・・ということは、わが家の毎月のやりくり費の実際は4万じゃなくて、5~6万ということになります。

そうじゃないかなと薄々感じてましたが、知りたくなかったので今まで目をそむけてました。

「やりくり上手な奥さん」笑 でいたかったのかな。

 

 

今までなあなあになっていた現実をはっきりと知ることができて、それだけでも「クリアファイル家計簿」をやってよかったですよ。

 

「クリアファイル家計簿」をやらなくてもわかってはいたんですが、この家計簿に挑戦すると意識してお金を使うようになるから、今まであいまいにしてた部分がすごい気になるようになりました。

うん、やっぱり、家計管理見直そう。

 

 

というわけで、今月からは費目を組みなおします。

・食費、日用品費 3万

・少額の雑費 1万

・どうしてもオーバーしてしまう雑費 1万

計5万でやってみます。

 

あれ? 大して変わってない・・・?

これまで「特別支出費」にもぐり込ませていた「雑費」に1万というしばりをかけた点だけですね。

でもね、これでもすごいプレッシャーなんですよ。

 

今年はすでに年間特別支出費の予算をオーバーしてるので、ここらで引き締めないと。

来年以降の「明るい家計」のためにがんばってみます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村