そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

柔らかく、味しみしみ。大根煮物のコツは3つだけだった。

大根をコトコト煮てます。

手前の物体は出汁用に入れた鶏ガラです。100円也。

f:id:nekoneko29:20171221170311j:plain

大根をうまく煮るコツは、

・皮を厚くむく

・柔らかくなるまで調味料を入れない

・塩分は総重量の0.6~0.8%

この3つだけでした。

 

 

若い頃は見向きもしなかった「煮物」。

このごろしみじみとおいしく感じるのは年のせいでしょうか。

30代になって、たまに大根煮物にチャレンジはしてました。

が、大根が固かったり、中まで味が染みていなかったり・・・

いつもいまいちだったんですよね。

 

それは、

・皮をうすくむき(ピーラーでうっすらむいただけだった)

・柔らかくなる前に味をつけていた

からだったんです。

 

煮物って作り方見ないで作ってしまいませんか。

煮て、味付けるだけでしょって。

料理レシピサイトにちゃんと作り方のコツが書いてありました 笑

「隠し包丁」だとか「面取り」だとかはスルーして作ってますが w

 

料理の塩分量については「科学調理」の信望者、勝間さんのブログをどうぞ。わかりやすいです。

ホットクックによるシュガーフリー生活のすすめ。楽すぎて止められません。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

 

中火(できれば弱火)でゆっくり加熱し、じわじわと旨味を引き出すとおいしい煮物が出来上がります。

時間だけはあるセミリタイア者にぴったりの料理ですね。

今回も午後1時から作り始めて6時まで煮て(というか保温して)ました。

働いていた時はなかなかできなかったことです。

  

時間がない時は「ホットクック」があれば、任せっきりにできますね。

 

ホットクックの得意料理・不得意料理と、もっとも重要な使い方のコツ - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

 

こういうのを読むと、ホットクックがほしくなります・・・。