そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

小学校家庭科で「金融」の授業! って思ったら、やってないんか~い!

年末の断捨離で、捨てようと思っていた娘の小学校の時の教科書をパラパラめくっていたら・・・

なんと、「お金の使い方」のページが!

 

ついに小学校でも金融教育(というか、消費者教育)が始まったんだ~と感慨深かったです。

小学生向けに易しく書かれていますが、見てください、この右下のチャート図。

「買う前に考える」ことが段階を追って説明されてます。

これ、わたしが節約生活に入って四苦八苦しながら理解したことなんですよ。

こういう段階を踏んで買い物をするとムダがないことに気づきました。

これを小学生のうちに学ぶってすごくないですか?

 

で、次のページ。

「買い物の手順」を学びます。

 

すごいのは⑤の「ふり返る」がある点。

これ、大人でもなかなかやらないと思うんです。

わたしは以前は、衝動買いした時によく反省(というか落ち込む)はしてましたが。

 

「ふり返る」ことによって「買い物のPDCAサイクル」が完成して、それ以降のよりよい買い物につながります。

こんな高度なことを小学生のうちから勉強していたら将来賢い消費者になるのは間違いありません。

 

 

ところが・・・

「すごいね、すごいね! 今はこういうことも勉強するんだねー!!」興奮して娘に話しかけたところ、

「ああ、それ授業でやってないよ。初めて見た」とのこと。

革新的なことだと思ったのに・・・

やってないんか~い!

 

お金のことって、雑巾縫う練習より(いや、雑巾を縫うのも大事(かもしれない)ですが)、ずっとずっと生きていくために必要なことでしょう。

学校でもぜひ力を入れてもらいたいものです。

 

国も力を入れているんですね。

消費者教育ポータルサイト

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村