そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

低糖質、グルテンフリーを心がけるようになったら、もうスーパーはぐるっと1周回るだけ。「中の列」はいらない。

年末年始にかけて「グルテン(小麦)」の及ぼす影響について本を2冊読んでました。

 

 
いやー、これらを読んだら小麦製品は怖くてもう食べられません。 と、クッキーを食べながら 笑 思いました。
 
という笑い話はさておき、小麦製品はそれほど日常に深く食い込んでいるわけです。
なので、「すぐに、全部」やめるのはなかなか難しい。
特にグルテン過敏症でないなら(検査をしないとわかりませんが)、小麦の魅力(魔力)から完全に離れるのは難しいです・・・。
 
でも、小麦が人体でいかに悪さをするかがわかった(しっかりしたエビデンスもあるようだった)ので、なるべく減らしていこうと思いました。
わたしが1年中鼻を垂らしてるのは、もしかしてグルテンのせいかもしれないのですから。
 
今年の「やめることリスト」に「グルテンをなるべく食べない」ことも追加しよう。
 
これまで炭水化物を減らすことにも取り組んできましたが、小麦>コメ(コメより小麦の方がたちが悪い)ことがわかったので、より気をつけたいです。
 
 
 
さて、そう決意してから初めての買い物へ。
加工食品や小麦製品を除外すると、あらまあ、行くべき売り場はぐるっと外側の1周しかないといってもいい状況じゃありませんか。
小麦製品どんだけ売り場を占めてるんだー。

 

というわけで、スーパーで「買うべきもの」は、

・野菜やキノコ類

・肉や魚介類

・卵や乳製品

・良質なオイル(オリーブ油など)

くらいになってしまいました。

 

もうほんとに、1周ぐるっと回るだけ。

中の列は、

・炭水化物などの加工品(菓子や麺類)

・加工食品

・ジュースなど飲料

・日用雑貨

なので、スルーでOKというわけです。

 

この日カゴに入れたものを見ると、野菜とキノコ、卵、肉、魚、食パン(毎朝のバタートーストが楽しみなので、急にはやめられない・・・)だけでした。

 

これで何作ろう・・・

ちょっととまどいますが何とかなりますかね?

 

『「いつものパン」があなたを殺す』にメニューが載っていたので参考までに。

これまでより食費が上がる(2倍くらい?)のは確実だわ・・・

 

小麦は様々な不調や認知症を招く?

 

 

 『小麦は食べるな!』の方がとっつきやすいですが、『「いつものパン」があなたを殺す』の方が小麦の怖さを知るのにはいいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村