そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

賢い「消費者」にな~れ! 中学生の娘にお小遣いを「10万円」渡してみた。

中学生の娘にお小遣いを10万円渡しました。

ただし、「1年分」です。 

えっ、中学生に10万円多すぎでしょ⁉って思われるかもしれません。

しかし、意外にそうでもないんです。

 

この「お小遣い年払い」に先立ち、娘に必要になると思わる額を計算してもらいました。

詳細は以下の通り。

 

・(純粋な)お小遣い 1,500円✖12カ月=18,000

・お出かけ用 JRで出かける時3,000円✖3回=9,000

       近くでの行事の時 1,000円✖6回=6,000

・本代 3,000円✖12カ月+4,000(おまけ)=40,000

・服代 5,000円✖4回+2,000=22,000

・必要な物の購入代 5,000

 

お出かけや洋服など不定期な支出を除くと、毎月4,500円ほど。

このうち本代が3,000円です。

 

本代はこれまで児童手当から4,000円あげていました。

それより減ってしまうことが娘にとって不満なようで・・・

「お年玉から本代に回していい?」というので、お年玉の一部を振り分けることに。

結局、毎月の本代は元通り4,000円を確保しました。

本の虫なので、これだけあげても全然足りないんですよねえ。

 

 

お小遣い以外にもらうお金の取り扱いもついでに決めたんですが、これは以下の通り。

 

・お年玉 今年は29,000円もらいました。

 このうち、9,000円はスマホ代(1年分)に。

 5,000円だけ貯金(少ない・・・)、残り15,000円は本代にすることにしました。

 

・臨時収入 親戚などからちょこちょこもらうお金。年間20,000くらいかなあ・・・

 これはもらった都度、貯金1割(少ない・・・)、本代5割(ここでも本代!あげすぎかも?)、残り4割はノートなど学用品(消耗品)を買うのに回し、余ったら貯金。

 

とまあ、ざっくりこんな感じで決めました。

お小遣い年払い額については、ちょっと多い・・・?とも思いましたが、昨年「子ども費」(学用品や洋服、お出かけ費など全部コミコミです)が毎月8,000円予算取りしてたので、総額としては同じくらい。

なので、まあまあ適正な額なのかなあ。

とりあえず今年1年これでやってみて調整したいと思います。

 

今年のやりくりから「子ども費」はなくしますが、そのまま毎月8,000円ずつ貯めて、貯金から下ろすことにした「小遣い年払い分」の穴埋めに使おう。

 

 

金額が決まったので、先日10万円をATMで出金したのですが、「100✖千円」と押すのに少しとまどってしまいました。一度に千円札をこんなに下すことはなかなかないですからね。

1,000円札100枚の厚みはなかなかのものでした。

 

帰ってから娘に渡すと、大量のお札(英世だけど)に「わー!」と目を輝かせていました。

一抹の不安を感じながら「年末までやりくりうまくやるんだよ」と言って手渡したのでした。

小遣いやりくりを通して、「賢い消費者」になる訓練を積んでほしいと思います。