そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

灯油代や電気代の節約にはなるけれど・・・、「薪ストーブ」はめんどくさい。

薪ストーブを見るたびに、「・・・めんどくさい」って思ってしまいます。

 

揺れる炎、その周りをゆったりと流れる(ように見える)時間・・・。

確かに憧れます。

 

薪ストーブって「男のロマン」なんでしょうか?

わたしの周囲ではアウトドア好きや「意識高い系」の男性に人気なように思います。

反対に女性(妻)はそこまで薪ストーブにこだわってなくて、「暖房代が浮くから、薪ストーブでもいっか」くらいのスタンス。

 

たしかに薪を買わずに自前で調達すれば、暖房費(灯油や電気代)がかからず節約になるし、間伐材を利用すれば森林荒廃を防ぐ役割も果たせますね。

 

そんないいことづくめの薪ストーブですが、それは労働と引き換えです。

当たり前ですが薪ストーブを使うには薪が必要で、そしてそれはちょうどいい太さや大きさでそこらに転がってるわけではありません。

冬に暖かいストーブにあたるには、薪集めや薪割りといった重労働が待ち受けてます。

さらに割った後の薪は、ていねいに積んで乾燥させるという一手間も(生木ではよく燃えない)。

めんどくさがりのわたしから見ると、とんでもない作業量です。

 

 

ところでわが家の暖房費は年間で、

・灯油代 5万円(@100円として)

・電気代 たぶん1万円くらい

合計6万円くらいかかってます。

薪ストーブで浮くであろう6万円と、作業量を考えるとちょっと割に合いません。作業自体、毎年しなければならないし。

 

やっぱ、わが家は手軽で便利な「灯油ファンヒーター」だな。「ダイニチ」製がおすすめです。

 

 節約一家の「暖房システム」についてはこちら→冬期の低コスト暖房システム。灯油ファンヒーター+ダクトで室内とこたつを暖め、さらに洗濯物の乾燥も。

 暖房をケチって失敗した話→バカな節約はほどほどに。暖房費をケチって、医療費がいっぱいかかった。 

 

 

薪ストーブといえば、忘れてはならないのが導入時の費用。薪ストーブ本体代と工事費は、灯油ファンヒーターなどと比べものになりません。

ピンキリですが、高級なのだと本体だけで100万とかしますからねえ。

 

薪だって果樹園などからもらうとしても、お礼をしたりしなきゃいけないので、タダじゃありません。

ましてや、「仕事忙しいから、薪を買おう」なんてなると、灯油代くらいかかるのでは?

 

というわけで、もしわが家が新築するとしても薪ストーブは「なし」ですね!

比較的手軽な「ペレットストーブ」なら考えてもいいかな・・・

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村