そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

電磁波の心配よりも、 電気敷き毛布+電気あんかで「明日の風邪」を防いだ方が賢くない?

電気毛布(電気敷き毛布)使っていますか?

ひと冬に何度も風邪をひくという人、電気毛布で風邪を予防しましょう。

 

「電気毛布って電磁波が怖いよね?」

電気毛布を使うと電磁波の影響が出るという話を聞いたことはありますか。

私は以前「意識高い系」だったころにその説を聞き、「電気毛布は危険」と思い、電気毛布の使用を止めた時期がありました。

 

ただでさえ虚弱なのに電気毛布を止めたので、当然その冬は風邪ひきまくりです。

ひどい風邪だった時はいくら寝込んでも治りませんでした。

 

思うに、冬に必ず風邪をひくという人は「寝冷え」をしているのではないでしょうか。

寝ている時に敷き布団から冷気が伝わり、体を冷やしてしまうのです。

わたしが風邪をひくのはいつもこのパターンでした。

 

電気毛布を使わなかった冬は寝る直前にお風呂に入ったり、コタツで十分にあったまってから寝たのですが、夜寝ているうちに敷き布団からの冷気が体を冷やしていたようです。

朝起きると「ん? なんか喉痛い」「だるい・・・」ということが頻繁にありました。

で、こんな日が2~3日続くと本格的な風邪になってしまうというわけです。

 

その冬はそんなことを繰り返していたわけですが、寝る時はとりあえず暖かいため寝ている間に寝冷えしてしまうことに思い至らなかったのと、当時は「電気毛布=電磁波=危険」と思っていたので電気毛布を再び使おうとは考えませんでした。

 

そんな冬を2回繰り返し、さすがに「もしかして寝冷えしてるのかな?」とは思ったので、はんてんを着込んで寝るとかしてましたね 笑

「はんてん着込み技」をしていた時は、たしかに風邪をひきにくくなったけど、朝起きたときの肩こりのひどさったらありません。

 

こんな経験を通し、素直に電気毛布使おうと思いました。

電磁波の心配よりも、 電気敷き毛布使って風邪を防いだ方が賢くない?

 

というわけで、冬になるとなんか風邪ひくという人は電気毛布使ってみましょう。

朝までしっかり電気毛布を使うようになって以来、冬に風邪をひく(こじらせる)ことはすっかりなくなり、快適に過ごせてます。

風邪はほんと、生産性は落ちるわ、お金かかるわ、損失ですからね~。

健康第一。

 

 

「いつなるかわからない電磁波被害(電気毛布はそもそも危険なのか?)より明日の風邪」を心配しようというわけです。

寝る時に電気を切れば電磁波の心配はいらないと思いますが、あまりにも寒い家ならしっかり朝まで付けっぱなしでいきましょう。

わが家は朝方の室温は氷点下なので、温度設定は「中~強」の間で使ってますよ。

もはや、アウトドアライフ。

生き残るための必需品ですわ・・・

 

こういうおしゃれなのだと、昼間もひざ掛けとして使えていいですね。

 

さらにいうと、私のおすすめは電気毛布と電気あんかを併用して使うことです。

電気毛布だけだと足先は冷たかったりするので・・・

寝る時は肩口~背中部分と足先を温めるのが大事ではないでしょうか。

電気あんかは本当に優秀で、足がポカポカしてよく寝付けます。

 

電気毛布、電気あんか共に、適切な温度調整をして「低温やけど」にはくれぐれもご注意ください。

まだまだ寒いので「電気毛布+電気あんか」の組み合わせもよかったら試してみてください。