そう言われれば、そうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったことなど。断捨離や節約、お金のことも書いてます。

MENU

【スポンサーリンク】

お金を使わずにいられないのは心が空虚だから。

若い頃は散財ばかりしてました。

お金を使わずにいられなかったんです。

今にして思えばお金を使わずにいられなかったのは、心が空虚だったからでは?と思います。

 

どんな風に使ってたかというと・・・

・ふらっと本屋に立ち寄っておもしろそうなのを1~2冊買う(ろくに読まずに積んでおく)

・雑貨屋に立ち寄ってかわいいものを買う

・コンビニで飲み物を買うついでにお菓子を買う

・いつもと同じメンバーで頻繁に飲みに行く

などですかね。

飲み会を除けば1つ1つの消費は少額なんですが、毎日お金をパラパラと落とすように使ってました。

 

しかも、これだけではストレスが発散できず、年に数回ドカンと使うという暴挙もしてたんです。

思い出せるだけでも、

・どこでもいいからどこか行きたくなって、ストレス解消のため海外旅行へ行く。そして、たくさん買い物をする

・気晴らしに(!)車を買い替える

・周期的に「英語が話せるようになりたい」病にかかり、スクールに通ったり教材を買い込む(が、すぐに飽きる)

・「思いつきで」家具を買う(どこに置くんだー)

 

・・・こんなことしてたから貯まらなかったわけです。

 

どれもこれも、よく考えもせずにしていた消費です。

当然、使いこなせないものも多く、使わないモノで部屋は散らかるわ、反対にお金は減るわでいいことがありません。

何でこんな使い方をしてたんでしょう。

 

今と比べると、

・消費の「自分軸」がなかった

・ストレスがいっぱいだったから、消費することで解消しようとしていた

・心が空っぽで、満たされてなかった

そんな感じでしたね・・・。

 

心が虚しいとモノで埋めたくなるんでしょう。

苦労して稼いだお金をそんなふうに使ってしまって、もったいないことしたなあって思います。

 

 

□こういう本を読んで自分の心と向き合えばよかったかも。CDブックなので、老眼で目が疲れる人にもいいですよ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村