そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

冷蔵庫内が片付いたのでお米(10キロ)も野菜室で保存することにした。

「ふるさと納税」のお米20キロ(10キロ×2袋)が届きました。

香川県三木町さん、ありがとうございます!

1万円の寄付で20キロのお米うれしいなあ(できれば、5キロずつの梱包だともっとうれしい)。

 

さて届いた大量のお米、保存はどうしよう。

(三木町さんは1回あたり20キロずつ発送なんですよね)

これから暑い夏がやってくる・・・

わが家の消費量は月に7キロほどだから3カ月かけて食べていくことになるんだけど、味が落ちるのはまあいいとして虫がわいたら嫌だなあ。

(開封しなければ大丈夫なんだろうか)

 

そこで思いついたのが冷蔵庫。

お米に同封されてた紙にも「冷蔵庫での保存が最もお勧めです」と書いてあったし。

 

わが家の冷蔵庫、「食べ切ってから買いに行く」ようにしたら、ここのところガラーン状態なんですよ。

 関連:食費が減った理由は「食材の使い切り」。親子3人、先月の食費は25,000円。

なんか冷蔵庫の電気代がもったいない・・・

 

届いたお米をさっそく冷蔵庫の「野菜室」に入れてみました。

どーん。

上のトレーに引っ掛かって2袋は入りませんが。

とりあえずこれでいいでしょう。

開封済みのもう1袋分はこれまで通り米びつに入れておくことに。

 

葉物野菜はより温度の低い冷蔵室の方がいい(『あさイチ』で言ってた)ので野菜室へお引越し。

うん、少しにぎやかになった 笑

 

ついでに冷凍庫内も掃除。

ずっと入れっぱなしのジャスミン茶はこれから毎日飲んで消費しよう。

ジップロックに入ってる小豆は煮て水ようかんでも作ろっかな。

パン粉は「貧乏人のチーズ」とやら(『あさイチ』でやってた)にしてみるか。

 

今回お米を冷蔵庫に保存することにしてみたわけですが、これでほとんどの食材が冷蔵庫に集合することに。

(庫内がすっきりするにつれ、ジャガイモやタマネギなど冷やす必要のないものも入れるようになっていた)

食材の管理がさらにやりやすくなりました。