そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

よく分散されていて低コストな投資信託やETFなら積立を始めるタイミングはいつでもOK。

昨年「そろそろ暴落くるやろ。」と直感したわたし(よく外れる)は投資信託の大部分を売り払い、現金化しました。

 

当時はすぐにETFに乗り換えるつもりだったようですね。

これを書いたの1年も前でした。 

【自分に合った投資】ETFを買おうっと。『ETFはこの7本を買いなさい』を読んで、ストレスなく続けられそうな気がした。

 

すぐに積立を始めるか、それとも暴落が来たタイミングでガツンと全額行くか。

どうしよう・・・

結局「そろそろ暴落しそうだし、それまで待つ」ことにしたんですよ。

そして暴落は来ないまま時は過ぎ・・・汗

 

このままではいけないのでいい加減、現金を投資信託などに換えていきます。

今度は投信からグレードアップ?してETF(上場投資信託)を買おう。

 

先日、買う銘柄や毎月の積立額、買う頻度を決め、SBI証券口座でやっと自動積立の設定をし終わりました。

ふー、やれやれ。

 

初めて本格的に積立を始めたのがリーマンショック後と絶好の投資タイミング。

それで好成績を収めたもんだから、今回もそうしなきゃと暴落を待ってたけど、考えてみれば

 ・よく分散されていて(投資先のほか時間的にも)

 ・低コスト(購入・売却時、保管時)

な商品を積み立てるなら始めるタイミングはいつでもOKなんだと思います。

やろうと思った時が始め時、ですね。

 

低コストなETFを選ぶのに参考にしました(ていうか、ほぼ書いてある通りに選んだ)。

ETFのコストの安さにびっくりです。