そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

還元率(期待値)を計算せずパチンコに通う人々。

昨日書いたエントリに、「お金を吸われる場所」というとパチンコ店を思い浮かべるが論外ですね、というコメントがありました。

はい、パチンコは論外でしょう。

 関連:お金に困ってる人は「お金を吸われる場所」にいる。

 

実は最初は、「お金を吸われる場所」の例としてパチンコとか期待値(還元率)の低いギャンブルも入れといた方がいいかなと思ったんですが、やめてしまいました。

みんな「パチンコは損する」って、薄々わかってると思うんですよ。

 

ここで改めて「パチンコをやるとどうなるか」ざっと見ていきましょう。

えーっと、パチンコの還元率は85%か。

f:id:nekoneko29:20180614161713p:plain

 引用:日本のギャンブル還元率(宝くじ・競馬・競輪・オートレース・サッカーくじ)

 

余談だけど、公営ギャンブルひど過ぎ w

その中でも宝くじとtoto(サッカーくじ)の低さが際立ってますねえ。

半分は寄付だと思った方がいいでしょう。

 関連:ジャンボ宝くじ売り場の列に並ぶ人たちに思うこと。

 

この中で、パチンコの還元率が85%ということは、1万円つぎ込んで8,500円戻ってくるということです。

参加費1,500円の娯楽だと納得してやってる分にはいいけど、今時のパチンコは1万円なんてあっという間らしいじゃないですか。

そうすると1時間楽しむのにいったい何千円払うのか・・・。

もっと安くて楽しめる娯楽や趣味を見つけた方がいいですね。

 

ところで、知り合いに「金がなくて国保の保険料払えねえんだ」といいつつ、パチンコへ通う人がいます。

国保払えないのに娯楽にお金を使うって、すっごい不思議に思ってたんですが・・・

サウザーさんの解説に腹落ちしました。

 

サウザーさんによると「借金を返すためにパチンコへ行く」人々がいるとのこと。

借金を返すためにパチンコをする・・・?

その発想はなかったから衝撃でした。

 参考:「第七十八話 人はなぜパチスロで儲けられると夢を見るのだろう?」 Voicy サウザーラジオ

 

そっかあ、パチンコってたまに大勝ちするから(そういう設計になってる)、「いつか儲けられる」って勘違いしちゃう人がいるんだ・・・。

 

でも、それは基本的にはありません。

確率論の定理「大数(たいすう)の法則」により、期待値に近づくから、やればやるほど負けが込んでいくわけで。

「借金を返すためにパチンコ行こう」って考える人はこういう計算したことないんだろうな。

それか、還元率を知らないとか。それはないか。 

 

みんな自分だけは違うと思いがちだけど、結果はやっぱり期待値に収束していくから、「不利な賭けは最初からするな」ということですね。

下記にはそういった話が書かれてました。

 参考:https://nc.math.tsukuba.ac.jp/college/taiken/PDF/?action=cabinet_action_main_download&block_id=282&room_id=80&cabinet_id=1&file_id=7&upload_id=203

 

そうは言っても、わかっちゃいるけどやめられない!って人もいると思います。

それは依存症だから、治療してくださいとしか言えませんが・・・。

こんな「危険」な施設、本来なら国が規制すべきなのに、でも現状は誰でも入れてしまうから、一人ひとりが自衛していくしかないでしょう。

依存症になると大変だから、パチンコ屋に近づかないに越したことはありませんね。