そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

子育てに悩んだら心理学。

子育ては迷うことばかりですよね。

 

最近、心理学者A・マズローの「欲求5段階説」を読んでて、 これに沿って子育てすれば、何も知らないより子育てがやりやすいんじゃないかという仮説を持ちました。

 

マズローの欲求5段階説とは

マズローの欲求5段階説についてはやぎぺー @yagijimpeiさんのこのエントリがわかりやすい。

 

 

f:id:nekoneko29:20180815084056p:plain

 

マズローの欲求5段階説をこの上なく丁寧に解説する。あなたの欲求はどのレベル? | 自分コンパス

 

 

このピラミッドの図は何度か見かけたことがあるけど、しっかり見たのは今回が初めてかも。

 

欲求5段階説は「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」という仮説をもとに作られた理論だそう。

  

 1、生理的欲求

 2、安全の欲求

 3、所属と愛の欲求

 4、承認欲求

 5、自己実現の欲求

 

の5段階があります。

  

1-5番の優先順に並んだ欲求は、低いものから順番に現れ、その欲求がある程度満たされると、次の欲求が現れます。

 

とのこと。 

低いものから順に満たしていくと、無理なく順調に育つのかなと思いました。

わが家は1と2がおろそかになりがちだったかも?

 

欲求5段階説に当てはめてみると・・・

さて、このピラミッドに娘の現状を当てはめると・・・

今は「3、所属と愛の欲求」を全力で求めつつ、「4、承認欲求」を渇望してる。

そんな状況でしょうか。

 

親から見ると、娘の頭の中は友だち付き合いのことでいっぱい(所属と愛の欲求)、かつ、自分の得意なことで周り(親や友だち)に認められたい!(承認欲求)っていう思いであふれてますね。

 

これらが満たされて、次の「5、自己実現の欲求」へうまく進めればいいんだけど。

 

あくまで参考程度に 

ただ、

マズローも指摘している通り、5つの欲求の階層は不動のものではなくて人によって微妙な違いが見られるということを忘れてはいけません。

 

とのことなんで、この図にあるような階層はあくまで参考程度にしておこう。

 

子育てに正解はない

子育てに正解はないし、子どもへの接し方がそれでよかったのかどうか答えが出るのは何十年後かになりますよね。

 

「子ども4人を東大理Ⅲに入れた」佐藤ママがもてはやされてるけど、それでよかったのかなんて数十年後子どもたちに聞かなきゃわかりません。

(だから、佐藤ママのやり方を表面だけ安易にまねるのは危険)

 

子育てに唯一正解があるとすれは、子どもが「幸せを感じて生きていける人」になることなんじゃないかなあ。

 

わが家は「あ、子育て失敗した」と思うことがたびたびあるんで、マズローの説を参考にこれ以上道を外れないよう気を付けたいと思います・・・

 

 

〔参考文献〕

再び「大学進学のコスパ」を考える。

この記事すごく反響がよかったんですよ。

 

 関連記事:大学進学のコスパを考えてしまう。

 

アップした日にいきなり「大学進学 コスパ」で検索順位1位になりました(数時間で陥落しましたが w)

 

「大学進学のコスパ」は関心が高い

あの「イケハヤさん」の記事より上に来てたんです(一瞬だけど) 

1日当たりPV数も5,000を超えた!(゚Д゚;)

 

こんなこと初めてだったんで、自慢させてください w

「大学進学 コスパ」のキーワードは強い需要があるんだなあ。

 

子どもは乗り気でない

さてそれはさておき、再び大学進学のコスパを考えてます。

というのは、娘は今のところ大学進学にそれほど乗り気ではないんですよね。

まだ中学生だから仕方ないか。

 

親も大卒の意義がよくわかってない

そして何より親であるわたし自身も大学進学の意味が実のところよくわかっていません。

 

というのも、身内には大学進学者が1人もいないんですよ。

だから身近に感じられない。

 

そして住んでいる地域も田舎だから、大学はかなり離れたところにしかない。

なので「リアル大学生」というのを見る機会がないという環境。

 

見えないというハンデ

この「見えない」「身近にない」というのは大きなハンデなんです。

 

 関連記事:田舎と都会の格差。

 

医師の子どもが医師になったり、教師の子どもが教師になったりするのは本人が優秀なのはもちろんあるけど、間近にその存在を見ているのが大きな理由でしょう。

目指すものが「見えて」いるからこそ努力もできる。

 

それと同様に親が大卒者だったり、周りが大学生だらけの環境なら、あえて「大学どうしよう」とならないはず。

大学進学は既定路線。

考えるまでもなく当然、親も子もそんな感じじゃないでしょうか。

 

進学を強く勧めてない3つの理由

わたしが今のところ娘に進学を強くは勧めてない理由は3つあって、

 1、身近にいないため進学のメリットが身をもって感じられない

 2、本人が希望する進路が一番だと思ってる

 3、コスパが見えてこない

といったところでしょうか。

 

何といっても3番目が最大の理由ですね。

学費と仕送り合わせて最低でも700万。

 

 関連記事:田舎と都会の格差。

 

これほどの巨費をかけてまで行く必要はあるのか・・・。

「金がかかり過ぎるんじゃーー!」と思わず叫びたくなる金額ですよね?

経済的に超ゆとりのある家庭でない限り考えてしまうはず。

 

「いい大学→いい会社へ」の親心

ところで「いい大学出て、いい会社に入る」コースは今でも定番だと思うんだけど、これって「かわいいわが子に経済的な苦労をして欲しくない」っていう親心ですよね。

 

職業に貴賎はないけど職種や会社によって給料の差は確かにあります。

学歴があれば、ある程度仕事や会社は選べるし、大卒でないと受験できないところもあるから、学歴はあるに越したことはありません。

 

我慢してまでいい会社にしがみつくことはない 

でも、好きなことを我慢したり、合わないのに我慢してまでそういう人生を送るのって楽しいのかなあって思ってしまうんですよね。

 

お金に困るか困らないかはマネーリテラシーの問題

それから「経済的に苦労しないこと」と「いい会社に入ること(高給をもらうこと)」はイコールではないと思いませんか。

 

高収入なのにお金に困ってる人もいれば、低年収でも楽しくやりくりしてたり、それなりに資産形成してる人もいるわけで(「人生 よよよ」さんみたいに)。

 

要するにお金に苦労する人生を送るか否か、その点は学歴よりもマネーリテラシーに負うところが大きいでしょう。

 

人生の目的次第 

「いい会社に入って経済的に苦労しないように生きる」それだけのために大金かけて大学行くのってどうなの?っていう話です。

 

それなら、「貧乏耐性」をつけたり、進学する分のお金でやりたいことやる方が楽しそう!と思っちゃうんですよね。

 

何をやりたいか?っていう人生の目的次第。

 

どんな「武器」を身に付けるべき? 

社会に漕ぎ出していくには「武器」が必要だけど、その武器が大学(学歴)とは限らないということです。

その子に合った武器を持つべきでしょう。

 

・・・と、そんなことを母がいろいろ思案しているとはつゆ知らず、スマホでマンガを読みながらガハガハ笑ってるわが子。

あんたのことだよ・・・。

 

数年かけて親子でじっくり答えを出していくとしますかね。

 

 

ま、進学する気になったらこれで勉強してください→受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

今月19日まで先着5,000名限定で「1か月無料クーポン」がもらえるそうです。

大学進学費用と目の前の贅沢

子どもからお小遣いをせびられて困っています。

そのたびに小競り合いが勃発・・・。

 

娘のお小遣い事情

わが家は年間のおこづかいをドカンとまとめて渡しています。

 

 関連記事:賢い「消費者」にな~れ! 中学生の娘にお小遣いを「10万円」渡してみた。

 

「え、そんなにあげてるの?」と思われるかもしれないけど、服代やら友だちとの遊び代やら日常で必要になるもの(制汗スプレーなど本人しか使わないもの)やら全部コミコミでこの金額なんで、決して多くはないでしょう。

娘も「これじゃ足りない」というんですよ。

 

臨時収入もあり!

しかも、この金額にプラスして親戚からたまにもらうお小遣いという名の「臨時収入」もそこそこあるんです。

親としては、これ以上欲しいっていうのは多過ぎー!と叫びたい・・・。

 

夏休みはお金の使いどころがいっぱい

夏は楽しいイベントが盛りだくさんですよね。

夏祭りに花火大会、友だちと映画に買い物にプール。

使うところに困りません。

 

そのたびに何だかんだいって、親の懐からかすめ取ろうとする w から、こちらも応戦してしょっちゅう小競り合いを繰り返してます。

 

その度に渡してたらきりがない 

これに負けて少額といえど渡してたらきりがありません。

これは戦いだ・・・

 

たしかに「ちょっとくらいあげてもいいかな?」と思わないでもないけど、心を鬼にして渡しません。

そもそも、年間でやりくりするようにといってすでにあげてるんだから。

 

「お母さんのケチ!」といわれのない罵詈雑言を浴びようと我慢する日々・・・。

 

目の前の消費より長期の目的が大事 

(娘の)目の前の贅沢に負けてたら、大学進学用のお金が貯まらなくなってしまう(そう言い聞かせてもなかなか納得しない)。

長期的に大事なものにお金を使っていきたい。

 

進学時までに500万貯めるため、今日も「お小遣いくれ攻勢」に耐えるのでありました。