そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

これまで、旅行に求めていたものが変わった。断捨離で部屋がきれいになったら…

最近、旅行に行きたいと思わなくなりました。正確に言うと、行かずにはいられないという強烈な思いが減ったということです。旅行が唯一の趣味だったのに、これはどうしてなんだろう…。考えてみました。

 

そういえば、最近旅行行ってないなあと気づいたのは、断捨離がだいぶ進んできてからです。部屋がすっきりしてきたのと比例していました。断捨離を進めるうちに、部屋だけではなく気持ちもどんどんすっきりしてきていました。

家にいるのが落ち着く。きれいに片付いた部屋でコーヒーを飲むのがいやしになっていたんです。いわば、日常的にいやされているから、いやしを求めて旅行に行かなくてもよくなったわけですね。

f:id:nekoneko29:20160606082155j:plain

なぜ、あんなに旅行に行きたかったのか。

旅行に行きたい理由は皆それぞれ違いますが、わたしの場合、一番の理由はホテルに滞在したかったからです。ホテルにいると、落ち着く。それも、豪華なリゾートホテルではありません(泊まってみたいけれど)。スーパーホテルなどのビジネスホテルで十分なんです。

飾り気がないけれども、必要最小限のモノが整った快適なホテルの部屋にいるといつも、あー、こんな部屋に住みたいなあと心から思ったものです。清潔で、高品質な備品(いいマットレスなど)があり、不要なものは何もない、あの空間。観光地めぐりも、食事も楽しみでしたが、一番いやされるのはホテルの部屋。むだのないスペースがあこがれでした。

ビジネスホテルに滞在するたび、わたしも、あの空間を手に入れてやる!という思いがふくらみ、断捨離が進んだように思います。

そして、まだまだですが、すっきり空間がおうちに生まれた今、その分の旅行への熱い思いは収まりました。

 

今思えば当時は、ごちゃごちゃした家から逃げ出したかったんですね。休みのたびに近くのお店や遊び場に出かけていました。出かけずにはいられなかった。散らかった家が嫌で出かけ、ついでに買い物をし、そして、さらに散らかる…。部屋も、気持ちも散らかっていたあのころ、散在するからお金も散らかってました

 

写真は、ストレスマックスの時に行った沖縄で撮ったものです。あの美しい海に本当にいやされました。ストレスの減った今でも、またあの海に会いに行きたいです。

今後旅行に行くとしたら、今住んでいるところでは出会えない風景だったり、食事・文化だったりを求めての旅になりそうです。ストレスから逃げ出す旅ではなく、その土地を知る旅へー。そう思うようになりました。