そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

小学校低学年の塾は必要なんだろうか。塾代「年間12万円」をわけるのは、親のやる気しだい?

友だちの子どもは、小学校1年から塾に通っています。別に教育ママではありません。「学校の勉強についてけるように」入れたそうです。親心ですね。

でも…、1年生の勉強くらいなら親が見てあげればいいんじゃない? そう思いました。塾代は入塾時に10万円(タブレット代など)、月謝は1万円かかるそうです。

f:id:nekoneko29:20160623150150j:plain

その子も専業主婦で時間があるんです。「塾代かかって困る」というので、「〇〇ちゃんが宿題見てあげたら、塾代かからないよ」と言ったのですが…。「わからないから」と言うのです。いや、1年生の勉強はわかるでしょう。

その子は中学時代から勉強が苦手でした。なので、たぶん、プリントを見ただけでアレルギー反応が起きてしまうのかな。わかる、わからない、ではなくて、勉強に向き合う気が起きないんでしょうね。

何でもそうですが、プロに丸投げするのは、お金がかかります。低学年のうちなら自宅で教えられるはずなので、塾代はかかりません。毎月1万円、年間で12万円。わたしなら、子どものために積み立ててあげたいです。

 

誰だって苦手教科はありますし、学校の勉強は将来役に立ちませんが、なんというか、ものごとに向き合う姿勢を養うにはいいです。

算数プリントの最初ってかんたんな計算問題じゃないですか。あれを、できるところまでやってみる。「やってみたら、できた」体験を積むのにはいい。別にゲームでもいいんですが。やらなきゃいけないことでも、楽しみを見つけるみたいな。

親は、子どもみたいにスラスラ解けなくたっていいんです。うちの子は小学校高学年なので、算数の宿題プリント一緒にやってみると、「?」という問題が増えてきました。子どもに教わってますよ。

 

のんびりした田舎なので、通用する話かもしれません。

でも、中学受験とか目指すのでなければ、そして、子どもと一緒に宿題をやる時間があれば、一緒に宿題、おすすめですよ。「苦手だけど、やってみる」という気持ちを子どもと一緒に育んでいきたいですね。