そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

わたしの服は300円。こだわりのない費目の支出は思い切って下げてます。

タイトルの通り、昨日買ってきたわたしの服(部屋着、近所着用)は1着300円

中古で買いました。

そう、わたしの買い物は基本リサイクルショップなのですよ。そこで、いいものを安く買うことが無上の喜び。

 

「何、それ!? 女捨ててるわー」という感想の方、多いと思います…。

たしかにお客は、わたしの目指す賢い奥さん風はいなくて、年金暮らし?とかの人たちばかり。せっぱつまって、生活を切りつめているような感じの人もいました。

 

「そんなところで、ヨレヨレの服買いたくないよ」って思われるかもしれないですね。でも、ユニクロとかあったりして、元はそれなりの服だし、状態もそんなに悪いのは置いてないです。

 

「リサイクルショップじゃ、流行の服ないよね?」そうです。ありません。

なので、流行りの服を着たいというおしゃれな人にはおすすめしません。わたしは服に価値を見出さないので(要するに興味ない)、これでいいんです。服は着てればいいや、レベル。

ほんとはジョブズみたく、着心地いい服が決まれば、毎日同じでもいい。一般人がやるのは難しいので、とりあえず1シーズン2~3着買っときます。そして、ぐるぐるローテーションして、着倒す。

 

何が言いたいかというと、自分にとってどうでもいい費目はほどほどのモノでいいってこと。服にこだわりのある人はそこにお金をかければいいし、おいしいものを食べたいって人は食費を削らないでいい。

 

ただ、こだわりが多い人は貯まらない。服は値が張るから余計そうかもしれませんね。

わたしのように、ほぼこだわりのない人間はやはり貯まりやすい。

 

「え、それで人生楽しいの?」

楽しいんです。お金を使わなくても、楽しむことができるようになったから。探すとけっこう、あるんですよ。

 

「みんなと同じように買わなきゃ」っていう気持ちから離れられると楽になります。