そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

共働きに必須、『つくおき』で健康&時短な自炊生活。おうちがデリになる!

nozomiさんの『つくおき』、人気ですね。さっそく読んでみました。

 

見るからにおいしそう!

こんな料理が毎日さっと食べられたら、すてき。

『つくおき』のいいところは、週末数時間のまとめ作りで、1週間の食事がぐんと楽になるところ。そして、メニューに頭を悩ませなくていい。

「60分で6品」とか、できちゃう(らしい)。

共働き家庭に浸透しそうな料理本です。

 

本当言うと、この本の通りに作るのはわたしには難しいですが・・・。nozomiさんの料理はわが家のイベント料理レベル(大げさ?)

amazonレビューでは、「味が濃い」とか「辛いメニューが多くて、子どもには無理」とかありますが、料理自体はそれぞれの家の好みで変えていけばいい。

他にも作り置きレシピ本は出てますから。

 

この本に限らず、つくりおき本のキモは、まとめ調理による「おうちデリ化」にあります。おうちの冷蔵庫が惣菜売り場になる。

 

で、できそうなレベルで作ってみた、わが家流の「つくおき」はこれ。

f:id:nekoneko29:20160709110418j:plain

ゆでただけ(笑)

とりムネ肉はシリコンスチーマーでレンチンです。

f:id:nekoneko29:20160709111308j:plain

しかし、これが冷蔵庫にある安心感といったら!

いや、思ったより便利です。ブロッコリーは付け合わせに、もやしはナムルやお浸しにしてもいい。とりムネ肉は切っておいたので、サラダにポンとのせる。

冷蔵庫から取り出してそのまま食べれるので、野菜が手軽に取れます

 

第2弾も出てますね。

Amazon CAPTCHA

 

これからも「つくおき」習慣、続けてみます。