そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【住宅戦略】わが家は「中古」→「中古」でいくべきか? 空き家率の上昇を生かす。

築40年の中古住宅に住んでいるわが家。

土台が傾いてきているのもあり、いくら手を入れても一生は住み続けられない家です。

 

なので、「次どうするか」問題がずっと頭の片隅にありまして。

今の場所に新築すれば?が最短の答えになりますが、住宅ローンに苦労する生活は送りたくない…。

ハピコさんのこの記事を読んであらためて思いました。(住宅ローンについても書かれている)

 

で、わたしの中では

 1、「中古」→どこか別の場所の「中古」でいく。

    いい点:最安。

    悪い点:思ったような立地、間取りの家にほぼ住めない。

 2、「中古」→「新築(賃貸併用住宅)」

    いい点:思ったようなテイスト、間取りの家に住める。家賃を住宅ロー 

        ンの一部にできる。

    悪い点:普通に一軒家を建てるより高い。賃貸部分を借りてくれる人が見

        つかるかどうか。

 

この2択かなーって考えてます。どうでしょう?

 

わが家のような田舎(ほぼ農村)では、高齢化率の上昇がそれはもう急激で、不便なところからどんどん空き家になってきてます(高齢者が亡くなって、空き家になる)。

10年後、20年後にも資産価値を持つ家(売れる家)を建てる場所は、ほんの一握り。そんな場所を見つけて、住み替えないといけません。

 

車の維持費は年金暮らしには重いから、車を手放しても暮らせるところ、となると、駅近とか立地は限られますね。田舎なので、駅自体少ないし。

立地の選択は、けっこうギャンブルです・・・。

 

でも、断捨離と一緒で、これも先延ばしすればするほど、腰が重くなるし、よい選択肢はせばまりそう

数年内には結論出したいなあ。