そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【格差】年収って、多ければ多いほど幸せってわけではないんですね。

あーあ、もっとお金持ちの家に生まれてればなあ

子どものころ、そんな妄想することありませんでしたか?

わたしはありました、しょっちゅう(笑)。家は貧乏だったもので・・・。

 

大人になってからですが、お母さん、お父さん、そしておじいちゃん、それぞれの年収が2千万近い、世帯年収数千万という家の子と友だちになりました。

世帯年収数千万て・・・。

どんな暮らしをしているのか、田舎もんのわたしには想像もつきませんでした。

ガリガリ君じゃなくて、毎回ハーゲンダッツ食べられるわーとか?

ともかく、びっくりするとともに、すごくうらやましかったです。

 

その子は家を離れて、わたしの暮らす田舎で就職していたんですが、こちらの世帯年収は400万とか、500万くらい。

手取りにすれば、300から400くらいですかね、共働きで、ですよ。かけ離れた世界ですよね。

 

それを知ったその子は、「正直、400万でどうやって生活してるんやろって、思った」そう。

そうでしょうねえ。

 

でもね、お金って使い方なんです。

いくら年収が高くても、大きな家を建てて、いい車を買って、子どもを私立にやって、毎年海外旅行へ行って。あれも、これも・・・

そうしていると、あっという間に苦しい生活になってしまう。

 

それよりも、限られたお金を大切に使う。家族で話し合って使い道を考える。

そうして、お金を生かして使っていくのが大事って、今ならわかります。

 

その友だちの家はお母さんとお父さんの仲が悪くて、けっして幸せな生活を送っていたわけではなかったそう。

 

最低限の収入(もうちょっと欲しいかな?)は必要だけれども、たぶん、年収1000万を超えたあたりから、お金よりも、家族仲がいいとか、健康であるとか、そういったものが幸せを左右する気がします。