そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【断捨離】モノがモノを呼ぶ悪循環をどう断ち切るか。収納用品を増やさない。

断捨離がいったんうまくいって、部屋がすっきりしたー!

・・・と思ってたら、いつの間にかゴチャゴチャしてきた。

そんなことありませんか。

 

断捨離とダイエットは本当によく似ていて、

入ってくるモノ(摂取カロリー)が、出ていくモノ(消費カロリー)より多ければ散らかってくる(太ってくる)。

いったん断捨離(ダイエット)がうまくいっても、生活習慣が変わらなければリバウンドしてしまう。

すっきり状態を継続できるかどうかは、生活習慣というか、人間の中身が変わらないと難しいですね。

 

断捨離すると、モノを捨てるつらさから、それ以降は消費に慎重になる人が多いと思うんですけど、物欲がなくなるわけじゃありません。

むしろ、「もう安っぽいものは持たない! ゴミになるから。これからは、本当にいいモノを買うんだ」となる人もいるでしょう。

 

はい、わたしです。

一時そうなりました。

「本当にいいモノ」はお値段的に買えないから、「ちょっといいモノ」を買うようになったんです。

収入が増えたわけじゃないんだから、そんな暮らしは長くは続かなかったですけど。

 

ともかく、そんなわけで、断捨離後しばらくしたら「ちょっといいモノ」が増えてきたんです。

自分が、すてきだなって買った「ちょっといいモノ」たち。気を付けないと、シリーズで欲しくなったり、付属品も買いたくなったりしませんか。

モノがモノを呼ぶというか、悪循環が生まれる。

そんな、こんなで、しまう場所からあふれてきてしまったんです。

 

それが、勝間和代さんのいう「収納破産ポイント」で、そこで断捨離しなくちゃいけなかったのに、「ちょっといいモノ」だったから、大事にしなくちゃと収納用品を買ってしまったんです。

 

その後は・・・はい、また断捨離するはめになりました。

ぎっしりモノのつまった収納用品や収納家具が部屋にあると、息苦しい。くつろげないというか。たとえ、「ちょっといいモノ」たちでも、息苦しい。

 

これは不思議ですね。

散らかった部屋の方が落ち着ける人もいるけど、わたしは何もないくらいの方が落ち着ける

 

結局、断捨離は1回じゃ済まないってことでしょうか。

1回断捨離が成功しても、人間そんなに変われません。

徹底的にやる人なら、もう断捨離しなくて済むのかもしれないですけど。

 

何度も何度も、定期的に断捨離しながら、少しずつ購入基準を厳しくしていく。

気を付けることは、モノが増えるたびに収納用品を増やさないこと。

その繰り返しなんでしょう。