そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【貯金】「人並み」に使っていたら、絶対に貯まらない。「貯まる家計」と「貯まらない家計」の違いとは。

同じ収入でも「貯まる家計」と「貯まらない家計」

しばらく前の『サンキュ!』の、「『貯まる人』vs『貯まらない人』を全方位比べてみました!」の記事が気になりました。

 

同じ収入(年収502万円)・同じ家族構成(夫婦、子ども2人)なのに、貯まらないAさんちは貯金が180万円(持ち家なし)、貯まるBさんちは560万円(持ち家あり)なんです。

毎月の収支は、Aさんは毎月4万円以上の赤字、一方Bさんは毎月5万円貯金ができている。年間でみると、Aさんはほとんど貯金ができず、Bさんは150万円貯めているんです。

両家庭とも同じ手取り33万なのに、なぜこんなに違うのか。

 

Aさんちは突出している費目がある

Aさんちはほとんどの費目でBさんちより支出が高めなんですが、特に違うのは「食費」と「子ども費」。特に食費は5万5000円(外食費含む)のほかに、「その他」で「生協代」とあるので、これも食費に含めていいですよね?

となると、月6万5000円~7万以上?は使ってそう。

うーん、条件が違うけど、わが家の3カ月分だなあ。

 

その食費について問題は、Aさんが「ぜいたくをしているつもりはないのに・・・」と思っていること。

家族の健康第一と考えて、無農薬、無添加の素材などにこだわるおうちもあります。それは、価値観の問題なので、いいと思います。

 

ただ、Aさんの食費の使い方は、わたしから見るとチグハグなんです。

たとえば、コンビニデザートが日常買いなんですよね。ああいうのって、1個300円近くしませんか。それを家族4人分を日常買いとなると、それだけで、月1万超え!?

デザートは食生活の大事な潤いですが、これは行き過ぎかなあ。

ちなみにわが家では、コンビニデザートはお客さんが来た時とかの「ハレの日」用。おおげさですけど。

 

ただ、デザートにそれだけかけているのに、食事の写真を見ると、炊き込みご飯なのに、おかずがなぜか焼きソバ(関西圏ではふつうなんでしょうか)、ほとんど具のないみそ汁でした。

人様の食事をあれこれいいたくないけども、「・・・野菜がない」と思ってしまった。スイーツの日常買いと合わせ、これは、糖尿病のリスクも高そうです。余計なお世話ですが。

Bさんはスーパー主婦かも 

Aさんちは4人家族で、子どもが7歳と5歳。食費を1人2万くらいかけたいわーというおうちもあるかもしれません。

でも、それは「人並み」な食費ではないでしょう。

一方のBさんちの食費は、外食費を含んで、驚異の2万5000円。

まあ、これは、これで「人並み」ではないですね。スーパー主婦といえそう。

 

一般的には、この中間の3万~4万が適正というか、ふつうの人でもやりくりできそうなラインかな?

 

赤字家計と黒字家計を分けるのは思ったより小さな差

よそのおうちの食費をあれこれダメ出ししちゃいましたが、AさんとBさんの家計をわける違いは、案外小さな差だということ。

食費と子ども費はかなり違いましたが、他の費目はそんなに違わない。むしろ、Bさんの方が高い費目も(住居費など)。

 

メリハリをつけて使えばいいんです

ひとことで言えば、Bさんちはメリハリ家計で、

Aさんは「ぜいたくをしているつもりはないのに・・・」の言葉に表されるように、のんべんだらりとすべての費目を使いすぎている(失礼な言い方をして、すみません)。

 

このように、すべての費目で「人並み」に使っていたら、絶対貯まらないんだということが改めてよくわかりました。貯まらないというか、赤字まっしぐら。

やっぱり、大切なお金は「これとこれに、これだけ使いたい!」って目的をもって使いたいものです。

「ぜいたくをしているつもりはないのに」何となく使い切ってしまったら、悲しいですね。

生きたお金の使い方ができるかどうか、が大事です。