そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【人間関係】これを知ったら、むやみに人をうらやむことはなくなった。

皆さんの周りに、すごくすてきな女性はいませんか?

 

キラキラしている人をねたんでいた

いつもキラキラしていて、朗らかで、女性にも男性にも好かれるというか、あこがれの的みたいな人。

わたしはいました。

小学校の同級生であったり、中学校の先輩であったり、会社の同僚であったり、いろいろでしたが、常にそういう人がいましたよ。

 

本人も本当にすてきなんですが、さらに、お金持ちだったり、だんなさんも、子どもも優秀とかね。

そういう、すべてに恵まれた人のように見えました。

そして、そんな人がうらやましくて、しょうがなかったです。

 

なんで、あの人ばっかり、あんなに恵まれてるの?

それに引き換え、わたしはあれもない、これもない・・・って。

ひがみの塊ですね。

 

光り輝くほど、影は濃い

でも、30歳を過ぎたころでしょうか、だいぶ遅いですが、あることに気づいたんです。

 

小学校の時のあの子、そういえば両親が離婚していたっけ。

中学校の時のあの先輩は、過去に重い病気にかかったことがあるって言ってた。

あの同僚の子、同居のお姑さんとうまくいってないって聞いたな。

 

光り輝く人生を歩んでいるように見えるあの子にも、いろいろ苦労していることがあったのに、そういうことに目を向けてなかったな、と。

みんな、どれほどつらい思いを乗り越えてきたんだろう。

 

光と影じゃないけど、光り輝いてる分、影も濃いのかもしれません。

薄ぼんやりくらいしか光ってないわたしには、想像もつかないような影(つらいこと)があったのかも。

そんなつらい影の部分を、わたしだったら背負えるかな、と思ったり。

 

幸と不幸の総量は同じ

美輪明宏さんだったかな?

人間、人生の幸と不幸の総量は同じ、と書いているのを読んだことがあります。

本当にそうだな、と。

その言葉を知って、人の見方が変わり、単純に人をうらやむことがなくなりました。

 

人間のおもて面だけ見てたら、決してわからないことがある。

こういうことがわかるようになっただけでも、長く生きててよかったなあと思います。