そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【貯金】人はなぜ、お給料をいっぱいいっぱいまで使ってしまうのか。

収入に応じて支出が増える不思議

以前から不思議に思ってました。

人はなぜ、収入に応じて支出が増えてしまうのか

 

f:id:nekoneko29:20160829155256j:plain

1つ仮説を立ててみました。

これは原始時代の名残なのではないか、と。

 

原始時代、食べ物の備蓄は難しかった

どういうことかというと、わたしたち人類が長い時間を過ごした原始時代(正確には「旧石器時代」ですね)、一部の保存性のよいもの以外は、食べ物を貯めておくことができませんでした。

保存技術もほとんどありませんでしたしね。

 

なので、人類はたくさん食べ物にありつけた日はたくさん食べ、その他の日は空腹に耐えていたんじゃないかと想像します。

保存技術のなかった当時、これは正しい行動でした。

食べられる時に食べておかなければ、腐ってしまいますから。

 

そして、貯金に関心のない人の脳内は、失礼ながら、この時代のままになっているんじゃないか。

 

お金を取っておいて何になる?

どういうことかというと、現代のお給料を原始時代の食料に置き換えてみると、同じに感じるんです。

 

お給料(食料)が手に入ったら、ギリギリいっぱいいっぱいまで使って(食べて)しまう。貯金(保存)に回るのはほんのちょっとだけ。

 

お金を取っておいて何になる? 今を楽しもう。

来月また手に入るんだから、あるだけ使っても大丈夫って。

 

お金は腐らない

今はもちろん、原始時代ではありません。

そして、お金は腐らないし、備蓄(貯金)できます。

 

でも、貯金に興味がない人にとっては、お金は入ったら入っただけ使うものーという回路のままのように思います。

 

なので、収入が増えれば増えるほど使ってしまうのでは?

いわば、本能のままに行動してしまっている。

だから、お給料をギリギリまで使ってしまう・・・。

  

「備蓄したい」という欲求もあるはずなのに 

以上、なぜ人はお給料をいっぱいいっぱいまで使ってしまうのかーの仮説でした。

 

本当のところ、どうなんでしょう。

行動経済学あたりで、答えが出てるのかな。

 

ま、備蓄に興味がなければ、あるだけ使ってしまいますよね。ある意味当たり前か。 

でもね、リスクに備えるため、人間には「保存したい」「備蓄したい」という強い欲求もあると思うんです。

あえて、その欲求に逆らっているのかなあ。

 

 

突拍子もない仮説を書いてみましたが、いかがでしょうか。

お付き合いいただいてありがとうございます。

 

こういうこと考えてると、楽しいんです。

人間て不思議な面がたくさんありますからね。